2008年02月07日

文明開化探究の第一歩

欧米が見た岩倉使節団2

 ご存知のように明治新政府は維新直後の1872年に、高位の人物多数による使節団を欧米に派遣していますが、本書イアン・ニッシュ編「欧米から見た岩倉使節団」は岩倉の提案でつれていった、大久保利通、木戸孝允、伊藤博文、山口尚芳らの四人の副使を中心に、欧米の人々の残した記録が内容となっています。その中から興味深い部分を引用してみます。
写真は女子留学生
tsuda.jpg

引用開始
1872年1月15日〜8月6日 アリステイア・スウェイル
 使節団はサンフランシスコに上陸したが、この都市はアメリカの東洋諸国とのフロンティアであり、同時にまた中国人に対する嫌悪の中心でもあった。使節団の訪問に関するランマンの記録は、『アメリカにおける日本人』と題された大部な研究の最初の部分であるが、そこでは日本人の最初の訪問地で彼らに対する最大の好意が寄せられたことを強調している。同市の主要な市民たちが準備した大規模の晩餐会の前に、グランド・ホテルの外でウィリアム・アルヴォード市長の主宰のもとに正式の歓迎会が開催された。同市の芸能人によるセレナードの演奏に迎えられた使節団の指導者たちは、彼らの部屋のバルコニーから群衆に演説するよう求められた。このスピーチは暖かく迎えられ、何度か歓声によって中断された。使節団はまた、商業局の長R・B・スウェインや新聞業界の主だったメンバーに紹介された。使節団に惜しみなく与えられた歓待のクライマックスは、一月二十三日の夕、グランド・ホテルで開催された正式のレセプションであった。市長、アメリカ駐日公使チャールズ・E・デ・ロング、そしてさまざまな商業的・社会的利益を代表する大勢の人々が出席していた。主催者による乾杯の辞に応えて、伊藤博文と岩倉がスピーチを行ったが、拍手喝采によって中断され、「耳をつんざく」ような拍手でお開きとなった。・・・・

 使節団がアメリカの土を踏んだその瞬間から、異常ともいえる歓待を受けた理由を述べなければならない。たしかに、使節団が到着する以前から日本人は中国人とは別の国民であると考えられていた。サンフランシスコにおけるデ・ロングの演説からしても、平均程度の知識しか持ち合わせていないアメリカ人ですら、ペリー提督による日本開国はアメリカ外交の大成功だとみなしていた。そしてこの「啓蒙された」外交がついに1868年の「革新」(維新)に結実したというのである。
 五人の少女をアメリカで教育を受けさせるために使節団に加えたことは、「東洋」の女性に対する侮辱的かつ野蛮な仕打ちという一般アメリカ人の偏見を取り去る努力に、新明治政府がコミットしていることを示すものであった。「女性の文化のための優れた学校」への言及が、使節の日本出発まえに天皇の使節団への御言葉にあったが、ランマンはその使節団に関する記述の中で相当のスペースをこの問題に割いているのである。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A