2008年02月06日

米国人の明治日本人観

欧米が見た岩倉使節団1

 ご存知のように明治新政府は維新直後の1872年に、高位の人物多数による使節団を欧米に派遣していますが、本書イアン・ニッシュ編「欧米から見た岩倉使節団」は岩倉の提案でつれていった、大久保利通、木戸孝允、伊藤博文、山口尚芳らの四人の副使を中心に、欧米の人々の残した記録が内容となっています。その中から興味深い部分を引用してみます。
写真は岩倉具視と四人の副使、左から木戸、山口、岩倉、伊藤、大久保
shisetsu01.jpg


引用開始
1872年1月15日〜8月6日 アリステイア・スウェイル
 アメリカ人たちが、これほど珍しい一行をどのように眺めたかというと、一行が受けた歓待はほとんど例外なしに暖かく熱烈なものであった。・・・・
 アメリカにおける日本人の待遇に必然的にかかわる要因は、それ以前に到来していた中国人との関係であった。アメリカと中国人との間には、日本人との関係よりも長い関係があり、一方ではアヘンと宗教(キリスト教宣教)の高圧的な輸出、他方では安価な中国人労働者のアメリカ西部諸州への移動にもとづいた関係であった。この初期の経験は「東洋人」についての一定の先入観をアメリカ人に植え付け、それがいくつかの重要な点で日本人の境遇にとって不利な結果をもたらしたのである。

 たとえば、一つの重要な点を挙げると、日本人は東アジアの貿易網に比較的遅れて参入したので、前もって警告を受け、またあらかじめ準備ができていたのである。1853年はペリー提督、1854年にはハリス総領事によるアメリカの開国要求に対応する責務を負わされた日本の指導者たちは、それに先立つ50年間の中国における国際関係の結末に精通しているという利点があった。とりわけ、アヘン貿易の破壊的な影響と、国際協定の侵害に対して西洋諸国が厳しい罰則を科する力をもっていることを日本の指導者は知っていたのである。日本は幕藩システムの弱体化にもかかわらず、中国と比べてはるかに強固に統合された国家であり、中国よりも一貫した、あるいは少なくとも建設的な対応をすることが出来たのである。当時日本国内の極端な排外分子は、(外国への)いかなる譲歩をも紛れもない裏切り行為とみなしていた。しかし、伊井直弼のような幕府の高級役人は譲歩しながらも、可能な範囲で国益を守るための重要な条項を外国に認めさせる術を心得ていた。関税率や治外法権に関して外国人に特権的な待遇を保証するという厄介な約款は、結局受入れることになったが、外国人が条約港を離れて旅行する権利は厳しく制限されたし、宣教師の活動は問題にすらされなかった。・・・・
 このような積極的な施策は、欧米の外交官サークルのあいだに日本に対する友好的なイメージをつくりだすうえで大いに影響があった。しかしながら、カリフォルニアで中国人とヨーロッパ系アメリカ人との間に生じた苛烈な相互作用の結果、中国人に関する否定的なステレオタイプが固定するにいたり、中国人に対する不安がほとんど自動的に一般市民の草の根レベルにおいて日本人にも向けられることになるのである。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A