2008年01月30日

条約と国家の興廃

深まりゆく日米の危機6

今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。

引用開始
 ロンドン海軍条約は、米国の日本攻勢作戦の完全なる輪郭をまんまと机上に勝ち得たものである。もしこの条約が効力を発生する時機に達すれば、米国各地の造船所では新鋭艦船の建造と東洋進攻の意気込みで勇ましい張切ったハンマーの音が響き渡るであろう。これに反して日本の工廠では廃棄艦船の解体にニューマチックの張合い抜けした悲しき響きが、そぞろに哀別の情をそそるであろう。
 拵えあげると毀しに掛るとは一鋲を打込む職工の指の先にも少なからざる影響を及ぼすものである。ましてそのつもりで櫛風沐雨の猛訓練を積み幾度か生死の境を潜って国防の重責を自認している軍人にとっては、その志気に及ぼす影響も決して少ないものではあるまい。僅か三ヶ月ばかりの口先き外交で、みすみす唯一の恃みを誇った潜水艦二万六千トンを削られ、遥かに優勢のトップを切った巡洋艦に足踏み姿勢で他国の追い着くまで待たされてはいかに勇武な軍人でも悲憤の涙は乾く暇もあるまい。・・・・

 これらの人々にスチムソン国務卿の言は何と響くであろう。『こういう風に日本の手を縛る協定に応じた日本当局の勇気に対しては、自分は只々脱帽して敬意を表するのみである』
 身に沁み渡る皮肉ではないか。こんな得手勝手の条約が、国際親善とか負担軽減とかの空名の下に効力を発生すれば、国軍の志気に至大の影響をもたらすものと知らなければならない。
・・・・
 人種的偏見に強猛なアングロサクソン人は有色人種をどこまでも下等のごとくに見くびっている。ただ利益の伸張のために支那にお世辞を使っている米人の、その本国における支那移民の迫害は果して国際的良心のあるものと言い得られるであろうか。日本もお多分に洩れず、米国の海軍拡張案の可決ごとに日本移民に対する迫害は加わったのである。日本の武力を認識している米人は、どこまでもこれを弱めて自己の私欲をほしいままにせんと計画しているのである。
 今や彼等は世界に恐るべき他の強国を持たない。内は充実して手足は健やかに発達しかけて来た。日本を壊滅しさえすれば、ここ一世紀や二世紀は東洋における彼等の仕事は充分あるのである。豚は取りたし番犬は怖いというのが米国人の心持である。・・・・
 彼らが道義的責任呼ばわりして、中米に悪虐の手を広げているのも自らその行為を正義の仮面に掩わんとするからである。されば彼等の悪業の前には欺瞞の正義が先駆をなし、悪業の後には道義の詭弁が後衛をなすのである。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 書棚の中の戦争