2008年01月29日

日米戦の準備進行中

深まりゆく日米の危機5

今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真はハワイ・ダッチハーバーを出港する太平洋艦隊
tkantai.jpg

引用開始
 卒直に言えば日米両海軍は、その相互的対象として米日海軍を目標に、拡張及び準備を進めているのである。一は防禦的に他は攻勢的に、こはいかなる遁辞や口実を以て誤魔化し去ろうとしても、最早抂くべからざる事実である。米国のカリビアン海政策の躍進と対中米政策の発展に伴うこれら小邦に対する武力干渉は、或は自由に大統領を交迭し、或は財政監督権を掌握し、或は港湾の租借、海関の管理等、その帝国主義的色彩の濃厚なるはまことに言語に絶したるありさまである。
 1927年クーリッジ大統領が『中米諸国に対し米国は他のいずれの諸国におけるよりも一層道義的責任を感ずるものである』としたのも、明らかにニカラグアをして第二のパナマたらしめんがための干渉政策を進むることを語っているのである。これがため右の諸邦は猛烈なるアンチ・アメリカ党を以て充満され、英国援引の傾向を見せているのであるが、さりとてこれが原因となって英米衝突の危機をはらむものとは思われないのである。・・・・

 フーバー大統領は七月二十二日ホワイトハウスにおいて、ロンドン条約の批准署名を行い後、左のごとく言明した。
『ロンドン条約は米国の完全なる国防を保護し、且世界の人心より我国が帝国主義的侵略を企図しつつあると云うがごとき観念を除き去るものと信ずる』
 これは果して何の意味を以てかかる言明を敢えてしたのであろう。問うに落ちず語るに落ちるとはかかることをいうのである。彼は完全なる英米均勢を確保し、絶対的権力を以て中米政策を強行し、カリビアン海政策を敢行し、兼て東洋進出の邪魔者たる日本海軍を低率に膠着して、太平洋上に経済的帝国主義を布延せんとすることを語ったのである。これは必ずしも一箇の独断ではない。上来叙述して来た米国の極東政策及び軍縮会議の経緯において累次所見を述べたところを総合すれば当然この結論に帰納せざるを得ないのである。
 そこで英米均勢の主張を二つに割って見れば、一方には世界第一絶対優勢、他の一方には日本制圧、攻撃作戦成就の文字が書かれているのである。
 米国上院におけるロンドン条約批准の論戦を見れば、あたかも日米の危機に瀕して和戦何れかを決定する最後の兵力量検討をやっているかのごとき観を呈しているのである。・・・・
 上院多数の穏健なる所論も同条約の保有量を以て西太平洋の攻勢作戦が可能なりや否やに結着しているのである。今一二の例を取上げて見よう。
 先ずお馴染みのリード氏は上院本会議の演説において『今回の条約が日英両国より米国にとり好都合に出来ている』ことを言明し潜水艦の日米均等に関しても『潜水艦は水上艦を戦闘目的とするものである、日米均等にしてもこれによりて日本の保有量を減じ、且つ条約中潜水艦の使用方法制限の規定もあるから、その攻撃機能を削減している』と述べている。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争