2008年01月25日

軍備均衡は平和の鍵

深まりゆく日米の危機2

今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真は第30代米国大統領カルヴィン・クーリッジ(wikiより)
coolidge.jpg

引用開始
 私共はもとより戦争を好むものではない。兵は、国の大事、死生の地、存亡の道であることは万々承知しているものであるが、しかし世界の大勢とこの大勢の中に翻弄せられている日本の現実を直視して、いかに国防の必要なるかを痛感するものである。また世の人道論者が戦争行為の罪悪を説き、平和主義者が戦争嫌忌の思潮変遷を論じても、畢竟戦争は理知を超越して自然に激成される勢いから発生するものである限りは、永久平和の理想実現は前途なお遼遠なりと信ずるものである。1928年11月11日の休戦記念日に当り、米大統領クーリッジ氏は、対世界、並に対軍備の根本観念について一場の演説をした。即ちその中に
『もし欧州各国が、国防をゆるがせにしたらんか、戦争は一層速やかに来りしならん。人生総ての経験は適当なる軍備を有する一国は他より攻撃せらるる公算少なく、また遂に戦争となるべき利益の侵害を被ること、また一層少なきを示せり』云々
とある。実に軍備は決して平和論者の称するがごとき嫌忌すべき戦争誘因となるものでなくて、かえって戦争を防止し、戦禍を局限し、反戦争観念を最も強く発揮するものである。随って『米国の軍備を充実するは吾人自身の義務なると共に、文明のためにも、はた又国内に於て平和を保持するためにも、諸外国と秩序あり且つ合理的な関係を持続するためにも、適当なる陸海軍を維持することは必要なり』と叫んだのは、他の所論は別として流石は大統領の率直な言葉として推奨するところである。

 まことに適当なる軍備の維持はクーリッジ氏を待つまでもなく、嘗てルーズベルト氏によって『最も廉価に平和の保障たる海軍』と叫ばしたごとくに、空漠なる平和論や、不真率なる国際協約よりも遥かに平和を永続し、戦争の災禍を減ずる実効的方法である。世界の平和を利害の調節にのみ考察して、利己的協約を結んで戦争を止めんとしたからとて、それで戦争が防止出来るものではない。・・・・・畢竟戦争の危険より遠ざかる唯一の途は、その有する軍備において互いに相理解し、相敬し相畏るるにあるのである。我々は米国に向って決して挑戦するものではない。然し今日の時勢においては挑戦せらるる国家も戦争に対する一半の責任を持たなければならない。何故なれば、そは侮らるるまでにその軍備を等閑に付したからである。換言すれば相当の戦争保険料を払わなかったからである。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争