2008年01月24日

日米衝突の不可避性

深まりゆく日米の危機1

 今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真はこの本の題名となっているページの開始部分です。
honbun03.jpg

引用開始
 過去四半世紀に於ける日米抗争の史実並びに支那を舞台とする列強隆替の跡に鑑み、軍備制限の真相に着想すれば、如何に根強く、如何に計画的に米力西漸の歩取りが、除々ながらも圧倒的に押寄せて来るのを気付かずには居られないのである。・・・・
 日本から米国を観て『お前の国は土地も広い資源も無尽蔵だ、生活も豊富で国力生産共に世界一だ、何を苦しんで他人の縄張りを荒らそうとするのか、少しは足ることを知って鷹揚に控えておればいいじゃないか』とかこったところで『俺は幾らでもドルが必要だ、働いて儲けて生活をどこまでも潤沢にするのが俺たちの望みだ。一切の科学も発明も文化もドルがあってこそ増長も受用も出来るのだ。儲けるためには他人の迷惑などは考えている暇はない。衝突は覚悟の前だ。膨脹欲、権勢欲は生活戦線を突破した俺達に当然の付き物ではないか』と啖呵を切らるればそれまでのことである。畢竟両国の国運発展上自然に持上った結果であるから根底が深いのである。
 しかも両国には力の意識が強く働いて居るのである。米国にすれば、自己の抱負を大胆に支那に施すためには日本が当面の障碍物となってそつにの武力が一段の目障りとなるのである。日本にしても、日支共栄共存の経論を布こうと思っても、いつもこれに水をさす米国の態度が厄介千万の邪魔者である。随ってその背後の武力は関心の種とならざるを得ないのである。日本が朝鮮たり支那たりでありとすれば、日米の関係は円満に進んだであろう。然し日本はいつしか極東における最強国となって、その力を自覚するのみならず他をして等しくこれを認識せしめたのである。

 かくて多年親交を続けた日米両国は極東における国際政局の分野に相対的地位を取った。手を執って引っ張り回した子供が何時しか一人前の男となって自己の野心の監視者となり競争相手に立った訳である。最近米国の主要なる外交企画はこの一人前の男子の生活資料を脅かさんとするのみに振り向けられているかのごとき観を呈するのは、また自然の勢いであろう。大人げない仕打ちと云えば云えないこともないのである。
 日本は一度ロシアの南下に対して乾坤一擲の戦いを宣した。その結果は支那の領土を保全し分割の運命を救ったのであるが、その犠牲の大なりしに引換え支那より受けた代償は甚だ僅少なものであった。しかのみならずその時期よりして日本は自然に支那の番兵を買って出なければならなくなったのである。日本は自己のために支那を保全したのか、はた、支那のために支那を保全したのか、世界列強のために支那を保全したのか、そのいずれにあるかはここに明答する限りではないが、兎も角も支那は日本によって今日までの所は保全せられたのである。列国が支那分割に手を控えたのはその近傍に日本があるからである。然もこれに対する支那の感情は必ずしも日本を徳とせざるのみならず、却って日本を憎み、日本を疑い、日本を畏れ、且また日本を侮りつつあるのである。日本は支那のために尽して支那より最も不人望の対象とせられつつあるのである。その一半の責は日本自身の負う所であろうが、他の一半は支那の僻み根性とそれに油を注ぎ込む米国の指金でなくて何であろう。これは少しく独断に過ぐるの言かも知れないが、少なくとも排日の背後には常に米国の魔手が働いて居ることは隠れざる事実である。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争