2008年01月23日

ロンドン海軍会議成果

軍備制限の真相8

今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真はこの本の引用部分です。
honbun02.jpg

引用開始
 世界的不戦条約を基調としてそのスタートを切ったロンドン海軍会議は、世界の平和と国民負担の軽減並びに国防の安固を目標としたのは言うまでもない。しかしその出来上った条約は果して以上の目標に到達し得る径路を辿ったであろうか。フーバー大統領やらマクドナルド首相は高く大成功の叫びを揚げて世界に呼びかけているが、世界の他の方面においては『狸の訛し合い』と嘲笑しているものもあるのである。
 いずれが是かいずれが非か、各その立場の相違から観るところを異にするのであろうが、しかしこの会議の成果を公平に批判する者の眼には以上の目標に対して成功とは決して映じて来ないのである。ただ1936年までの暫定期間の気休め外交を糊塗したというに過ぎないのである。
 何となれば、第一日英米は会議当初に不戦条約を基調とすることを厳粛に宣言した。然るに彼らは予備交渉の開始とともに何時の間にかこれを棚上に束ねて戦争を前提とする会議へと転進した。戦争を前提とする観念から生れる平和手段は兵力の均衡より外はないのである。たとえ大国が『俺は戦争を欲する考えは毛頭ないが、ただ世界の平和を維持するために大国なみにこれだけの兵力を常備して置くのだ』と真実その気持ちでいるにしたところで、それが何等権威ある安全保障の約束がない限りは、どうして小国の平和が脅威されないでいようか。殊に支那の門戸開放、機会均等を以て主要の国策としている米国が『モンロー主義には防禦海軍で足るが、ヘイ・ドクトリンの擁護は攻勢海軍を必要とする』という海軍政策を確立して着々これが実現のために大拡張をやって居りながら、軍縮会議であるから、いかにフーバーやギブソンが平和の宣伝に努めたところで、日本としてはこの現実に直面してそれをそのまま受入れられようはずがないのである。

 仏伊両国また大小の相違はあろうが、大体日本と同じ関係にあるのである。されば不戦に出発した軍縮会議は、あいかわらず、比率、絶対的軍備、極端なる補助艦保有量の要求等が、実際主要の題目となって血眼の論争を沸き立たした。・・・・
 これで果して世界の平和が増進し得られたであろうか。『俺はこの条約の終期には何時でもお前をやっつけられるのだぞ』なるほどこれでは戦争または圧迫を前提としては大成功である。然し『それでは俺が安心出来ないから、何とかやっつけられない工夫をしなくっちゃあ』という国があったとすれば、そこに世界の平和は常に脅威されていると云わなければならないではないか。
 よく世間では兵力の均衡が戦争誘発の動因となると云うものがあるが、これは非常なる謬見である。また嘗て兵力の均衡状態から戦争が起った例は無いのである。戦争は例外なしに兵力の不均衡によってその優秀なるものから強いられて居るのである。・・・・常に優勢なるものが国策遂行のためその兵力を行使せんとするから戦争が起るのである。近代においてはお互いに始めから共倒れを予期して戦争する国はない。兵力の不均衡こそ人間の野心を煽動するものであって、これ程戦争の誘因となるものはないのである。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争