2008年01月19日

ロンドン会議の論争

軍備制限の真相5
今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真はマクドナルド英全権・首相(wikiより)
macdonald.jpg

引用開始
 五国海軍会議は全世界の異常なる視聴を集めつついよいよ1930年1月21日午前11時、英京ロンドンの上院ローヤル・ギャラリにおいて英国皇帝陛下御親臨の下に開会式を挙行した。
 かくして1930年の世界外交はこの意味深い国際会議をもって序幕とし永く歴史の上にその大きな足跡を印した。
 当日各国首席全権の演説要旨を摘録すればその対軍縮の意図の一端が窺われるのである。

日本全権 若槻礼次郎 現実の縮少
『日本の平和政策はワシントン会議及びジュネーヴ会議において端的に宣明せられまた我国が国際聯盟各般の事業に対し熱心に参与せる事実に徴しても明らかなるところである。彼の不戦条約の精神及び目的に対し我国が喜んで賛同せるゆえんもまたこの平和政策に則れるに外ならない。吾人は今やこの不戦条約を出発点として本会議の審議を進めんとしている。されば参加各国が相互にその態度及び政策を十分に了解し同情を以て相接するものなるを確信する。
 日本は参加諸国と相携えて海軍軍備を極度まで縮少するの用意あるを宣明する。日本は単に海軍力の制限に止まることなくこれが現実の縮少を行わんと欲するものである。ただこの縮少につき日本の関心する所は攻撃的作戦には不十分なるも帝国を防衛するには足る程度の勢力を保有し以て国民の安全感を動揺せしめざるの点である』云々

続きを読む
posted by 小楠 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 書棚の中の戦争