2008年01月14日

米国軍縮提唱の意図

軍備制限の真相2

今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真はこの本の三章冒頭部分です
sanboto.jpg

引用開始
 ジュネーブ会議(1927年)においていかに軍縮会議の協定の困難なるか、名は軍縮であっても実は強国優越権の確保を目的としている拡張会議であったという事が、まざまざと観取されるのである。首唱国の米国は何等の犠牲を払わずして他国の優越を制止し、その期間において自己の拡張を遂行し、新式有力なる艦船を建造してその劣弱を補い、かくて出来上がった優秀艦隊を以て世界に君臨せんとの企図である。
 これほど虫のいい話があろうか。自分は競争に負けたから、暫く俺の準備が出来るまで先に行くのを待ってくれ、どうせ俺は一番になるのであるからと云うのである。もしこの思想を国際的に推し進めれば、独立国家の自衛権を折伏して強国優越の前に跪座せしむることになるのである。またそれが世界平和の最捷径であると云うのならば議論は別になるが、いやしくも海軍軍備に関する限り各自国、国情の上に立ってその周囲の状況を観察し、国策上他の脅威を受けざる程度にその計画を立つべきである。

 もし一国にして侵略の企図を以てその軍備を拡張すれば、その対象となるべき一国は国家擁護のため自衛権の発動を見るのは当然である。この自衛を怠った国はその際滅亡の外はないのである。日本の海軍拡張は皆他国の脅威に促されて止むを得ず苦しい中から生まれた自衛の産物である。その結果は自然に西太平洋の優位を占めることになったが、これを以て戦争を誘発する動因と見るのは、世界の現状を破壊して強国君臨の覇業を樹立せんとする強国の口実に過ぎぬ。強秦の六国に臨んだ時と何の相違もないのである。されば米国が真実世界の平和を庶幾するならば、先ず以て他の脅威を受けざる国柄に顧みてその海軍を縮小すべきである。
 米国全権ギブソンの常に口にせる『軍備は相対的である』という理論は覿面に実現されること請合である。何を好んで日本が米国を進攻する海軍を造ろう。いわんやまた英国にしても米国と戦うの愚を学ぶであろう、畢竟今日海軍拡張の趨勢を促す主要の原因は唯々米国自身の海軍拡張熱であるのである。彼らが強いてワシントン会議の延長を楯に取って、有りもしない無形の勢力を以て優勢なる日本の現実勢力を五・五・三の比率に押し付けようとするのは実に言われなき強秦の振舞いである。
続きを読む
posted by 小楠 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争