2008年01月11日

英支関係の推移

支那をめぐる日英米4

今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真は昭和二年の南京事件の本です
nankin2.jpg

引用開始
 新しきロシヤの出現は、支那国民思想に非常な変化をもたらした。1919年、カラハンの名を以て、モスクワの人民委員会から発表された長文の宣言は、支那民衆に偉大な感銘を与えた。彼は言った。ソヴィエト・ロシアは、帝政露国が、支那を搾取するために、欧米及び日本の帝国主義者たちと取り定めたあらゆる条約を廃棄する。ロシヤは満洲及び支那各地において昔得たあらゆる土地を支那に還付する。団匪賠償金も還付する。治外法権も還付する。支那はパリ会議において第二の朝鮮とされようとしたではないか。支那は聨合国に欺かるることなく、ソヴィエト・ロシヤを理解し、これと正式に手を握るべきであると。
 かくて1920年以降、ユーリンを先頭にバイケス、ヨツフェ、と入れ代わり国交回復の使節がやって来たが、支那政府は蒙古問題に対する疑惑と、赤化宣伝の恐怖とで、交渉なかなかはかどらなかった。その後カラハンがヨツフェの後任として着京し、顧維鈞との間に、1924年五月、全然白紙平等の立場に立った露支協定が成立して、両国は完全なる国交関係に這入った。これは支那政府も以外であったであろうが、支那民衆には久振りで青天白日を仰いだような感想を与えた。

 ロシヤは外蒙古、東支鉄道は依然としてその手中に掌握して放さないのであるが、支那の民衆の目にはあらゆるものを棄てたように映じたのである。ロシヤはこの一挙で支那の全国民の心中を掴んで、爾来縦横無尽に活動し出した。特に広東国民党と共産党との提携以来、国民革命の指導方針は、ほとんどロシヤがその論理と戦術を与えた。
 打倒帝国主義打倒軍閥、これ等の鉾先は直に日英両国と張作霖に向けられた。しかして彼らは先ず英国を倒せ、英国倒るれば日本は自然倒れるというのであった。これらは甚だしく南支那における排英熱煽揚の機会を造って、空前の反英的海員罷業が香港に起り、次いで広東の租界でいわゆる沙面事件を惹起して、英国軍と支那の大衆とが睨み合った。またロシヤは北京大学以下北方青年に宣伝を進めて、相応の収穫を収め、非帝国主義の声を強めて、支那において最優勢を保持する英国への反対熱を助長したのは誰も知る通りである。1923年の北京大学を中心とする反キリスト教運動、京漢線鉄道従業員大罷業、1925年上海租界警官支那学生射殺事件等、つぎつぎに起る排英運動は、たちまち全国的に瀰漫したのである。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争