2008年01月10日

米支関係の進展

支那をめぐる日英米3

今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。
昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真は本書今回の引用部分です
beishikankei.jpg

引用開始
 米国の富は世界戦争によって驚くべく増大した。パリ会議に失望した支那国民は、米国を将来の救世主の如く思ったであろう。米国からみても、支那大陸は開け過ぎた欧州から比べて恰好の資本の捌け口である。列強の協調によって支那の現状を改善して行くことは、米国にとって最も必要なことである。これには列強の特殊権益を無視して自由に且つ実質的に機会均等を振り廻すことでなければならぬ。それは米国の希望でもあり、支那の希望でもある。そこに1921年のワシントン会議が召集されて、表面的には特殊地位の消滅を達成し、山東問題によって支那に対する好意斡旋を示したゆえんである。

 支那はワシントン会議において七年越の山東問題も片付き、不平等条約撤廃も原則的に承認を得、また英国は威海衛を仏国は広州湾を還付する声明を発したから、米国を徳として悦んだであろうが、其の実余り収穫はなかったのである。現に英仏両国の声明の如きも今もって実現されないし、関税自主も僅かに日本だけに協定が成立したばかりである。蓋しこれらのぬか喜びも、根本的に支那自身の状態が、列国からみて支那の要求を容れるには、あまりに事実において不安心であるからである。然らばワシントン会議において丸儲けした米国はどうなるかと云えば、支那における特殊地位なる邪魔物排除の宿望は達せられ、競争相手の日本を孤立せしめ、支那に対する善意の列国の協調をもってその統一を援助し、日本の頭を抑えて、その代りに米国が牛耳るということになった。だから一面においては真実支那の主権を尊重して米支関係に一生面を拓いたというよりも、米国中心に支那を監視し指導するということになるのである。この米国の真意はたちまち臨城事件によって暴露された。

 臨城事件というのは、1923年の夏、津浦線の江蘇と山東の境の臨城駅付近で、支那の土匪が一列車を襲い、乗客中の外支人等を拉致し、支那と列国との間に問題を起したのである。当時米国は英国と一処になって支那鉄道を列国の共同管理にすべしと主張したのであったが、日本がワシントン条約を盾にとって、頑として動かなかったので、遂に物にならなかった。この事件は簡単のものであったが、その善後処分に対する米国の態度は果たして支那人にどんな印象を与えたであろう。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争