2008年01月07日

シベリア出兵

 新年おめでとうございます。旧年中はコメント等により色々ご教示頂き有難うございました。
 本年もどうぞよろしくお願い致します。

日米抗争の史実7

今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真はこの本の中表紙です
nakahyoshi.jpg

引用開始
 彼等米人の鉄道政策は、鉄道そのものの利益ばかりではなく、その延長区域の富源を吸収することであることは勿論である。この意味に於て彼らが支那に眼を付けるのは無論であるが、またシベリアの富源に多くの関心を払うのも自然の数でなければならぬ。・・・
 1917年(大正六年)聨合国側の露国に革命が起ったが、何分にも資金と物資の欠乏で戦争の継続もむつかしくなってきたので、露国は大戦のために、さなきだに不完全なるシベリア鉄道を、根本より破滅せんとするまでに酷使したのである。・・・・
 この時期こそ米国にとっては、多年の宿望を達すべき最好の機会であるから、同国政府は早速前国務卿ルートを特使として、ケレンスキー政府を訪問せしめ、革命政府と親交を結ぶと同時にシベリア鉄道修理問題を交渉させた。これが1918年の春のことである。ルートは十二分の成功を収めて帰国し、直ちに多量の鉄道材料をシベリアに送り、別に鉄道技師スチーブンスに率いられた三百名の鉄道技術団員を派遣したが、不幸にも彼らが我が長崎に到着した頃には、折角鉄道修理を約したケレンスキー政府は倒れて、露国の天下は過激派の横行闊歩する所となり、米国の一大特権は、ここに頓挫の止むなきに至った。・・・・
 この時我が国ではシベリア出兵の白熱的議論が行われて、今にも日本軍のシベリア上陸が実現せられんとする形勢を呈した。スチーブンスは遂に擾乱のシベリアに突進して、従業員を東清線の各要所に散布したのである。これ実に米国の技術上に於ける同線の占領を意味し、聨合出兵後に於ける共同管理の主人公たる運命を定めたものである。・・・・

 最近に於ては、ほとんど攻守同盟に近き日露協商まで出来上がった。米国が水を注せば注すほど日露は親しくなって行った。さすがの米国も手の下しようがなかった時に、露国の革命が突発して反政府方の天下となったのである。どうして米国はこの機会を逃そう、先ず同情を売り成功を祝してその感情を和らげ、一億ドルの貸与を約して実物の援助を示し、かくして米露親善の端緒を開いて、日本を孤立に陥れ、露支両国に於て自分に都合よき政策を行わんとするの方便とした。さればこそ、ロシヤがレーニンの手に落ちシベリアが乱れると、必然の順序として米国のシベリア干渉が始まって来たのである。
 而もシベリア出兵は我が国のいわゆる自主的出兵説に端緒を発したのであるが、これが実行に先立ち我が政府はこれを英米仏に提議した。英仏はこれに賛成したが、米国は日本から来るの故を以てこの提議を刎ね付けた。当時米国はケレンスキー政府時代に於て、シベリア鉄道の経営を約し、既にその従業員まで派遣していた時である。且一面に於ては露国の民主政体となることに同情を表し、あまつさえ過激派との了解の下にシベリア鉄道の経営に着手せんとした時である。故にこの際日本のシベリア出兵は米国の企画に大なる齟齬を来さしむるものであるから、日本の提議に対し『出兵は露国内政の干渉である』と称してこれに賛同しなかった。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:13| Comment(2) | TrackBack(2) | 書棚の中の戦争