2007年12月29日

日本移民の排斥(下)

日米抗争の史実5

 今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真は日比谷公園のポーツマス講和反対集会
hibiya.jpg

引用開始
 明治三十八年五月サンフランシスコに於て、市長シュミッツが公然日本人排斥協会を組織してから、米国に於ける排日思想は当初西部の一地方的労働問題に過ぎなかったのであるが、日本の満洲経営と米国の東洋政策とが交錯して、漸次全国的に瀰漫し、爾来四半世紀に亘って幾たびか日米外交の危機をもたらした。その間流言蜚語は絶えず流布し、『日本は台湾と一衣帯水のフィリピン群島を奪おうとする意志がある』とか『満州の戦場から引揚げた日本の装丁が争って渡米し、白人労働者の職業を蚕食しつつあり、今に於て何とかせなければ加州否ロッキー山脈以西は忽ちにして日本に併合される』などと狂気じみた怒号を始めたこともある。或は『ハワイは有事の日に於て米人のものではない、多数の日本移民は軍隊教養の済んだものである』『日米戦争が起れば歴戦の日本軍隊は忽ち無防御の米国太平洋岸地方を占領すること容易である』等の一種恐日的宣伝が盛んに流布され、東洋知識に比較的暗愚なる米人に異常のセンセーションを与えた。
 
 ホーマー・リーの『盲蛇』ヘクトル・バイウォターの『日米戦争』等の著書は更に薪に油を注ぎ米人対日憎悪の感情を煽った。然し是等は単に思想的方面に過ぎないが、其の真の利害関係に立って考えれば、米国の東洋貿易の増進、資本団の支那投資企業、支那に於ける米国政治的地歩の推進等は、門戸開放、機会均等主義と相俟って、日本の発展並びに対支政策と競争衝突の必然的経路に向かい合ったのであるから、そこに疑懼、憎悪の念を生じせしめたのもまた自然の勢いであった。かくの如く感情の変化が現れて行く際に、生憎支那人の日本に対する感情もまた漸く一変したのである。
 元来日本は北清事変以来清国のために尽したことは少なくないのである。殊に日露戦争の如きは、日本が支那に代わってその領土保全のために戦ったものであって、支那が今日尚満洲を保有し、且つ該戦役後に於て著しく列強の圧迫を免れ得たのは、全く同戦役の賜物であったにも拘らず、彼らは却って日本の行動を非難し、日本の野心を訴え、新米制日の政策を採って努めて日本を不利の地位に置かんとするようになった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争