2007年12月26日

日露講和斡旋の意図

日米抗争の史実2

今回引用している書籍は、昭和七年三月に発行され、同年四月には五十八版を重ねた、海軍少将匝瑳胤次著「深まりゆく日米の危機」です。昭和七年頃までの米国の動きから、当時の日本と日本人が米国に対してどのような感情をもってどのような状勢判断をしていたかを知る資料になるものと思います。
写真は日露講和交渉の模様
conf.jpg

引用開始
 日露戦争が始まって、我が国の連戦連勝に驚異の眼をみはったルーズベルト(セオドア)は、初めて日本の底力を意識し、日本海海戦後の七日目、即ち明治三十八年六月二日に、駐米露国大使カシ二―伯と駐米日本公使高平小五郎とに戦争調停の意を伝え、超えて六月八日正式に両国政府に向って一の照会文を送ったのである。その文意は、『今や人類一般の利益のために、目下の惨憺たる痛嘆すべき戦争をせしむることが出来るか出来ぬかを見るために努力すべきときが来た。合衆国は久しく日露両国と友好関係を保って来た。合衆国は両国の繁栄福祉を祈ると共に、この二大国民間の戦争により世界の進歩が阻害せられることを切に感ずる。故に予は両国政府に於て両国自己のためのみならず、また文明世界全体の利益のために相互に直接の講和談判を開始されんことを切望する』と云うのであった。
 これはルーズベルトの炯眼であって、よく日露両国の極東に於ける将来の関係を洞察し、米国の東洋政策遂行上の障碍を最小限に喰い止めんとした働きと観られるのである。

 当時米国の立場から云えば、日本にせよ、露国にせよ、一方が起つ能わざるまでに傷つくことは、とりもなおさず他の一方が非常に優勢になると云うことになるので、これは極東に於て恐るべき米国の敵を造るゆえんである。なかんずく日本が大局に於て疲れ果てて露国が極東にその羽翼を伸ばすようなことがあっては愈々以て米国の邪魔となる。だから米国はなるべく両方が余り負けない程度に、そして相当に疲れた機会に調停を試みなければならない理由があったのである。その活機を掴んだのがルーズベルトである。・・・・
 この講和会議に於て注意すべき事は、米国人の対日感情の変化である。ハリス以来常に我国に対して友好の感情を続け、むしろ欧州列強の横暴なる申出を掣肘してくれたくらいの米国であったが、日清戦争に於て日本の国際的勢力を認め、国務郷ヘイの宣明と、ハワイ、フィリピンの併合によって一層極東に関心を持った米人には、この日本の戦勝を単なる日露間の問題と考えるには余りにその権勢欲、膨脹欲が強かったのである。プライスの云った通り、米国の生活に於ては群集精神がその主力をなすものである。その交通網の拡張と資源開発の増進と商工業の発達と国富急進の趨勢に置かれた米国人に、どうしてこの東洋の大市場を閑過させよう。殊に上に立ってこの大勢を指導し、煽動するに最良の勇者ルーズベルトを得たのであるから、彼等こそ積水の堰を切ったような心持を以て、極東方面を観察していたに違いない。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の戦争