2007年12月22日

宮中のお雇い外国人7

新嘗祭(米の収穫祭)

 今回のご紹介は、明治中期の1887年4月から1889年3月までの間、外務省のお雇い外国人として明治天皇の宮中に勤務した、ドイツ貴族、オットマール・フォン・モールの(1846−1922)著になる「ドイツ貴族の明治宮廷記」からです。
彼ら夫妻は一歳半から六歳の四人の子供、子供達の二人の女性教師、侍女という大所帯で、1887年4月29日、横浜に到着しました。
写真は東京のモール邸
mole.jpg

引用開始
 毎年、米の収穫に対して感謝し、神に供物をささげる大祭が十一月二十三日に行われる。これは国家神道の首長としての天皇の伝統的な地位が、特別にはっきりと表わされる古来からの日本の宗教的な祭儀である。
 この祭儀は皇居内宮殿近くに建てられた、天皇家の宗教である祖先崇拝つまり神道のための神殿賢所の中で常に行われてきた。部外者はけっして入場を許されない。この文章の執筆者であるわたしが祭典のいくつかに見学者として参列することができたのも、もとはといえば、私が宮中勤務者の一員であったからだ。
 これらの宗教的祭典の中でもっとも重要かつ盛大なのは、毎年十一月二十三日に行われる米の収穫感謝のための祭典、新嘗祭である。米は日本人の主食である。したがって以前からこの祭典は重要視されてきた。祭典は二部にわかれて行われ、第一部は、夕方おそくなった午後六時に始まり、午後十時に終了する。次に第二部は、午前零時頃から翌日の午前二時までつづけられる。

 古代日本の伝統ある白羽二重の神主の衣裳をまとわれた天皇は、帽子がやや単純という点だけは違うものの、天皇と同じような白羽二重の衣服を着た宮中の神主たちをまわりにめぐらされた。天皇が加わられた行列は荘重に、一フィートばかりの高さの燭台でぼんやり照らされた宮殿の長い回廊を進む。行列の先頭には、神鏡、神剣、それに国の印章あるいは神聖な曲玉が担われてゆく。ついで行列は皇居内神殿に向かい、柔らかい畳敷きの特別の廊下を進む。天皇がお供の神官たちといよいよ神殿に到着されると、すだれが垂れ下がる。宮家の各親王、閣僚、将軍、高位高官、宮中の官僚は、百年もの樹齢をもつ御苑の古木の下に建てられた露天の行廊に、神殿と相対して立つ。――洋服の制服、軍服姿の一同は盛装している。
 木造の神殿を取り巻く四本のきらめく燭台の火によって側方から照らされている芝生の上で、宮廷音楽師たちは、いずれも古式ゆかしい色彩豊かな衣裳に身をかため、あるときはするどい音、またあるときは太鼓をたたくような鈍い音を奇妙に長々と演奏していた。色とりどりの絹の上着、ひだの多いあざやかな赤い袴をはいた宮中の女召使や神殿の巫子たちは、白木の器の中に、米をはじめ祭儀の供物に定められた食品を入れ、私たち部外者にはけっしてうかがい知ることのできない神殿内部に運んでいった。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本A