2007年12月20日

宮中のお雇い外国人5

旧領主家訪問と名所見物

 今回のご紹介は、明治中期の1887年4月から1889年3月までの間、外務省のお雇い外国人として明治天皇の宮中に勤務した、ドイツ貴族、オットマール・フォン・モールの(1846−1922)著になる「ドイツ貴族の明治宮廷記」からです。
彼ら夫妻は一歳半から六歳の四人の子供、子供達の二人の女性教師、侍女という大所帯で、1887年4月29日、横浜に到着しました。
写真は松平子爵
matsudaira.jpg

引用開始
 とりわけ光陽館クラブで、日本人の友人の世話で何度も開催されたこうした宴会に出たほか、私たちは再三、新富座見物に出かける機会に恵まれた。もちろん宮中の人々は、新富座での観劇などを極力避けていた。日本では俳優は民衆の中でも社会的地位は最低であり、宮中の人々がしばしば劇場に出かけることは不謹慎だとされていた。しかし外国人である私たちは、こうした日本人固有の偏見に与する必要はなかった。そこで私たちは、芝居の内容をどうにか説明できる友人を伴ってしばしば劇場を訪れた。すべての役は男優によって演ぜられた。あの頃、日本には女優がいなかった。出し物はほとんどが歴史劇で、上演には数時間かかった。芝居は午前中に始まり、一日中続いた。・・・・・
 当然のことながら、有名な歴史的行為あるいは伝説を表している古式ゆかしい衣裳を着た俳優たちの出る場面は、観客にとっては緊張感にあふれた興味深いもので、彼らは終日ドラマの進行に没頭していた。俳優の演技は意味深長かつ自然であり、とりわけ崇高な情熱の表現が巧妙であった。もちろん日本語の知識のないヨーロッパ人にとっては芝居に対する興味はさほどのことはなかった。・・・・

 六月の頃、東京では郊外の堀切のむすばらしい庭園のある茶屋を訪れるならわしがあった。それというのも堀切では群生したアヤメが咲きほこり、魅惑的光景をくりひろげたからである。この月は雨さえ降らなければ、木々の緑はいともあざやか、田園の風景はきらびやかですがすがしかった。いたる所で茎の長い菖蒲の先に花が見事に咲いている姿がみられた。私たちはこの日、堀切から俥(くるま)で隅田川の畔のこぢんまりとした庭園の中にある愛想のよい宮内省の若手官僚で侍従の松平子爵の別荘を訪れた。子爵は徳川家の一族の一人でかなり憂鬱そうに、しかし諦念の気持ちをこめた愛想のよさで時代の変化について語った。明治維新以前には彼の父は地方の領主で城を持っており、また江戸にも屋敷と大勢の家臣を抱えていた。ところがその子息は小さな夏むきの別荘をもつだけの宮内省の役人というしがない身の上となった。日本ならではの精密な大工仕事を示す一部漆塗りの木材で組み立てられ、柔らかい畳を敷きつめたこのいかにも日本的な別荘の中に、松平子爵は遺贈された家族のもろもろの記念品を保存していた。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A