2007年12月18日

宮中のお雇い外国人4

皇后誕生日祝宴、宮廷音楽とお茶屋

 今回のご紹介は、明治中期の1887年4月から1889年3月までの間、外務省のお雇い外国人として明治天皇の宮中に勤務した、ドイツ貴族、オットマール・フォン・モールの(1846−1922)著になる「ドイツ貴族の明治宮廷記」からです。
彼ら夫妻は一歳半から六歳の四人の子供、子供達の二人の女性教師、侍女という大所帯で、1887年4月29日、横浜に到着しました。
写真は長崎式部官
shikibu.jpg

引用開始
 毎朝十時頃、私は宮中内の前述の事務所に、あるときは馬、あるときは人力車でまた降雨の際は馬車で出かけた。するとただちに私の協力者、宮内相の個人秘書で宮内省式部官の長崎が、私と共同で作業をするために現れた。私たちはまず、「宮廷、国家ハンドブック」のうちプロイセンの宮廷ならびに国家制度について該当する章句に取り組んだ。私が英語に翻訳すると長崎が耳で聞き、望むらくは正しく理解したことを邦訳し、まとめて書きとった。・・・・・
 午後十二時三十分まで、ほとんどこの方式で仕事がつづけられた。そのあと気がむいたとき私たちが式部官食堂と呼んでいる宮中内の宮内省専用食堂へ昼食に出かけるのを常とした。この食堂の二つのテーブルで宮内省の役人全員にめぐりあった。一つのテーブルは勅任テーブルと呼ばれ、私たちのような高官用であり、もう一つのテーブルは奏任テーブルと呼ばれ、他のすべての官位の者が着席することになっていた。これら宮内官僚の上品で優雅な態度はまことに賞賛すべきであった。残念ながら日本語に通じないものは、食卓で交わされる有益かつ愉快な会話に、だれか親切な隣人がその内容を何らかのヨーロッパの言葉に通訳しようと申し出てくれない限り、加わることができなかった。私は常に多くの興味深いことがらが、そういう事情から私から逃げ去ってゆかねばならないことを遺憾に思った。・・・・

 午後は自宅にいるかあるいは遠足に出かけ、東京の市内や周辺で多くの興味深いものに巡り合う機会があった。来日早々、皇后が設立、保護されることになったベルリンのアウグスタ病院に模した日本の病院が開院した。そこへ皇后は宮中の人々とともにお出ましになった。皇室のお姫さまたちや多くの招待者が集合し、見学に先立って皇后にお目通りした。美しい宮廷馬車が行列をつくった。イギリス製で日本で漆を外側に塗り黄金の紋章をとりつけた皇后のお馬車はきらびやかであった。皇后が病院の中に入られると、ただちに馬は馬車からはずされ、ついで馬車全体の上に亜麻布のおおいがかけられた。それはひとつには馬車内にほこりが入るのを防ぐためであったが、ひとつには参集した群衆が不謹慎にも中をのぞいたりしないようにするためであった。天皇、皇后が降りられたあとの宮廷馬車を一時的におおいかくすしきたりはその後も随所でみうけられた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A