2007年12月14日

宮中のお雇い外国人1

日本上陸当時の模様

 今回のご紹介は、明治中期の1887年4月から1889年3月までの間、外務省のお雇い外国人として明治天皇の宮中に勤務した、ドイツ貴族、オットマール・フォン・モールの(1846−1922)著になる「ドイツ貴族の明治宮廷記」からです。
彼ら夫妻は一歳半から六歳の四人の子供、子供達の二人の女性教師、侍女という大所帯で、1887年4月29日、横浜に到着しました。
写真はホルレーベンドイツ公使
holl.jpg

引用開始
 1886年、私はペテルブルグ駐在のドイツ帝国領事であった。ヨーロッパのもっとも美しい首都の一つで生活し、仕事も多く愉快なこの職場から、極東のミカドの宮廷という職場に転勤することなど、夢想もしていなかった。
 ドイツ外務省人事局の枢密顧問官フムベルトの半ば公式的な手紙は、日本の宮廷がヨーロッパの宮廷実情を学び、かつ改革に乗り出すために現地の宮廷事情にくわしいヨーロッパ人の顧問を数年、東京に招聘しようと願っているとの驚くべきニュースを伝えてきた。さらにこの手紙は(全く正しい方式ではないが)、式武官と呼ばれることになるこの顧問が、宮内相夫人の代理として活動できるほど、やはり宮廷事情にくわしい貴婦人と結婚していること、さらにこの顧問が侍従の位階をもっていることが望ましいと述べていた。

 さらにこの手紙はくわしい条件などは、原則的に就任を受け入れてくれれば、ベルリン駐在の日本公使館と口頭ならびに契約文書に基づいて協議決定されることになろう、そしてこうした条件を具備していると思われるフォン・モール夫妻が適任とされたと伝えていた。最後にこの手紙は、日本の外務次官青木子爵と、東京駐在のフォン・ホルレーベン公使が、東京にいながらすでにわたしたちに関心を寄せていたと述べていた。
 説明のためつけ加えておきたいが、私は1873年から1879年までドイツ皇后兼プロイセン王妃のアウグスタ陛下の下で枢密顧問秘書をつとめていたことから、ベルリン駐在日本公使であった青木氏と昵懇の間柄であった。それに私はプロイセン王国の少年侍従をしたこともある。またフォン・デア・グレーペン伯爵家出身のわたしの妻ヴァンダは、プロイセンのフリードリヒ・カール王子ご夫妻の年かさの王女たち、すなわちオランダのハインリッヒ王子と結婚された(今は亡き)マリー王女、それにやはり今は亡きオルデンブルグ世襲大公夫人エリーザべト王女におつかえした宮廷女官であった。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A