2007年12月12日

はじめて見る日本7

無理やり要求した京都御所内部見学

 オーストリア・ハンガリー帝国の外交官だったアレクサンダー・F・V・ヒューブナーは、職を辞した後1871年5月から世界一周旅行に出発、同年(明治四年)七月二十四日に横浜に上陸しました。彼の『世界周遊記』中の日本編を全訳した「オーストリア外交官の明治維新」という本から、彼の見た明治初年の日本の様子を抜粋引用してみます。
写真は京都の賀茂(葵)祭り
kamo.jpg

前回からの続き引用開始
 六つの門のうち閉まっているものが若干あり、半開きになっているものもあった。私がこの聖域に入るようなふうをしていると、参事の哀願するような眼差しが私を引き止めたのだった。エンズリー氏(英国副領事)が参事の懸念を取り去るのにふさわしい理屈をあれこれ並べていたが無駄だった。その答えは判で押したように同じだった。曰く「御所の管理は行政の管理ではない」。曰く「御所の管理官は、新政府や進歩派やとりわけヨーロッパ人を毛嫌いする宮廷内の守旧派に属している」云々。最後の妥協案として、参事は我々を御台所門まで連れて行き、若干のちっぽけな殿舎の低い屋根の上から御所の大御殿の切妻を垣間見せてくれた。彼は作り笑いをしながらこう叫んだ。「それでは、これでご満足いただけたでしょうか。ヨーロッパにご帰国の際には、貴殿らは誰もが目にできないもの、つまりは天子の御所をご覧になったし自慢話がおできになることでしょう」。そして、もう遅いし、府知事が我々を屋敷で待っておられるし、道程は長いし、暑い盛りだし、昼食のこともそろそろ考えなければならない時間であると付け加えて、彼は急いで引き返そうとした。

 私はこう切り返した。

「そうはいきませんよ。私は貴殿らの態度に満足していません。なんということなのです。あなたがたは我々の習慣の真似をし、我々の服装を変に着込み、文明の全き途上にいると思っておられるというのに、我々を天子の住みかから閉め出そうとなさるほど迷信深いとは。天子の台所を一瞥するお許しが貴殿らの文明の極みだと分かったら、ヨーロッパではさぞかし物笑いになることでしょう」。エンズリー氏がこれらの言葉を訳し終わらないうちに、我々の周囲に沈黙ができた。参事は、蒙古人種の肌色のぎりぎり一杯まで、赤面した。彼と補佐との間で、低い声での短い会話が始まった。彼は我々に言った。「おっしゃる通りです。我々は笑い者になることでしょう」。彼は御所の管理官に会いに行こうと申し出たけれども、この交渉からなんら良い結果も期待できない、と言った。・・・・・
 程よい距離を保って我々の周囲には、人の群ができた。公家の侍女なのだった。我々は彼女たちの独特の服装と艶やかな髪型に気付いた。・・・
 こんな調子で、半時間が過ぎた。やがて、我々の使者らが喜々として駆けつけてきた。我々は中に入ることが許されるのだ。管理官と補佐は、宮廷の正装を羽織る時間だけをくれと要求した。二人はやってきた。彼らはかなり無愛想な様子をしていたけれども、とうとう決断してくれて、我々に禁じられた一画の敷居を越えさせてくれた。我々は公家門から入った。・・・・

続きを読む
posted by 小楠 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B