2007年12月10日

はじめて見る日本5

明治天皇に謁見

オーストリア・ハンガリー帝国の外交官だったアレクサンダー・F・V・ヒューブナーは、職を辞した後1871年5月から世界一周旅行に出発、同年(明治四年)七月二十四日に横浜に上陸しました。彼の『世界周遊記』中の日本編を全訳した「オーストリア外交官の明治維新」という本から、彼の見た明治初年の日本の様子を抜粋引用してみます。
写真は向島の庭園
mukai.jpg

引用開始
 明治四年九月十六日、今朝、侍従が四人乗り無蓋軽四輪馬車のような馬車に乗って我々を迎えにやって来た。・・・・
 外門に到着したとき、我々は武装した軍隊に気がついた。これは中門でも、城の近くでも同じことだった。ヨーロッパ風の服装をした者も中にはいる。こういう武装した兵士たちは、見た目にはなかなか立派だった。ただ彼らは少々こういう仮装に当惑しているようではあった。そのかわり、役人や、その他の文武に携わる騎兵たちは、日本古来の服装をし、武器を持っており、堂々としてほんとうに立派だった。城の大きな堀に架けられた最後の橋を渡ってから、我々は馬車を降り、ごく稀な例外を除いては絶対誰も入ることのできない天皇専用の庭園に通された。・・・・

 我々は五分ほど歩いたころ出迎えを受けた。太政大臣三条、岩倉、木戸・大隈・板垣の三参議、それから長州・肥前・土佐三藩の代表者たちが我々を迎えてくれたのである。この三藩の代表者たちは、この時は姿を見せなかった薩摩藩代表の西郷とともに、明治維新を成し遂げたのであった。
 つまり我々は、ある観点から見るならば日本の改革者とも破壊者ともいえるような人物たちの前にいるのだった。・・・・
 少し話しをしていると、天皇は謁見の準備がおできになったと知らせがあった。我々は大礼服を着たこういう高官貴顕に付き添われてふたたび歩き、瀧見茶屋と呼ばれる建物の開いた扉の前に着いた。私は天皇の御姿を一目拝見したいと好奇心を燃やしていたのだが、自分の回りに視線を投げかけて、この場所の詩的な美しさにただもう感嘆せずにはいられなかった。・・・・
 我々は中に入り、神々の子孫の前に出た。その部屋は奥行約二十四フィート、間口十六から十八フィートであった。床は極上の畳で覆われていた。天皇が腰かけている高さ二フィートの台座の他はまったく家具はない。入口のところは暗かったが、幸い偶然にも太陽の光が鎧戸と障子の隙間から射しこみ、天皇の御体の上に強い光を投げかけたのであった。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B