2007年12月08日

はじめて見る日本4

明治四年九月・江戸の店舗

オーストリア・ハンガリー帝国の外交官だったアレクサンダー・F・V・ヒューブナーは、職を辞した後1871年5月から世界一周旅行に出発、同年(明治四年)七月二十四日に横浜に上陸しました。彼の『世界周遊記』中の日本編を全訳した「オーストリア外交官の明治維新」という本から、彼の見た明治初年の日本の様子を抜粋引用してみます。
写真は当時の呉服店舗
kimonos.jpg

引用開始
 今朝、江戸の主な店をいくつか訪問。横浜の日本人地区にはヨーロッパ市場向けにわざわざ製造された品物があるが、ここ江戸ではそれとは逆に、物はすべて日本人の好みに合わせて作られている。こういうさまざまな数々の品物をつぶさに眺めることほど面白いことはない。・・・
 美術品と工芸品を比較して言えば、ここ日本では、芸術家は職人に極めてよく似ており、また職人はある程度まで本質的に芸術家なのだ。ヨーロッパにおいても中世はこれと同じ状況だったのである。
 玩具を売っている店には感嘆した。たかが子供を楽しませるのに、どうしてこんなに知恵や創意工夫、美的感覚、知識を費やすのだろう、子供にはこういう小さな傑作を評価する能力もないのに、と思ったほどだ。聞いてみると答えはごく簡単だった。この国では、暇なときはみんな子供のように遊んで楽しむのだという。私は祖父、父、息子の三世代が凧を揚げるのに夢中になっているのを見た。・・・・

 私はごくわずかなお金でたくさん珍しい品々を買い込んだ。そのうちのいくつかは本物の美術品といってもよいものだ。たとえば、小さな青銅品、さまざまな動物が描かれた文鎮、亀の群像といったものだ。滑稽さをねらっている意図は明らかだ。他の店でも同じような群像、同じモティーフを見つけたが、しかし複製ではなかった。これは機械的に同じ型が再生産されるのではなく、発想が同じなだけなのだ。職人は、というか芸術家は、模倣しつつも自分の創意工夫を盛り込むのである。
 それから、柔らかく光沢のある紙で私の買った品物を包んでくれる女性たちの華奢で綺麗なほっそりした手にも私は感嘆したのだった。
 我々は最も有名な二軒の絹織物店も訪れた。我々は顧客でいっぱいの二階の大広間に通された。顧客の中には身分の高い婦人も数人いた。男も女もみんな一フィートほどの机の後ろに正座し、その上に薄手の縮緬や、無地あるいは模様入りのずしりと重い厚手の織物など商品を広げていた。着物の色は目を見張るほど鮮やかだ。値段さえあまりに高すぎなければ、喜んで家具や壁掛けの織物として用いられるところだろう。教会の壮麗な装飾にも使うことができるだろう。ここ日本ではこういう織物で男女の正装用の衣装を作るのである。・・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 09:56| Comment(6) | TrackBack(2) | 外国人の見た日本B