2007年12月06日

はじめて見る日本2

明治四年八月・富士への小旅行

オーストリア・ハンガリー帝国の外交官だったアレクサンダー・F・V・ヒューブナーは、職を辞した後1871年5月から世界一周旅行に出発、同年(明治四年)七月二十四日に横浜に上陸しました。彼の『世界周遊記』中の日本編を全訳した「オーストリア外交官の明治維新」という本から、彼の見た明治初年の日本の様子を抜粋引用してみます。
写真は山中湖のさかさ富士
mtfuji.jpg

引用開始
 オランダ公使ファン・デル・フーフェン氏が、自分の計画している富士山への小旅行に加わらないかと勧めてくれた。私はこの得がたい機会を利用して、その休火山のほとんど未知の北部・北東部地方を探検してこようと思った。旅行者は六名。・・・・いよいよ今朝(三日)五時、暑い一日を思わせるすばらしい晴天の朝、我々は腰掛付馬車に乗って出立した。馬車は我々を乗せて東海道に向う。東海道は日本の幹線路で、ここから一里あるが、この東海道に出ると、小田原の川(酒匂川)まで馬車に乗っていくことができる。そこからは徒歩や馬や駕籠で道を続けるのだ。我々の守護天使にして監視人である役人は、小さな痩せ馬に乗って、我々の車を取り巻いている。この原始的なつくりの乗物に腰をおろすやいなや、私以外の者はみんなそれぞれ自分の武器を点検しだしたが、私は武器を何も所持していなかった。となりの若者はポケットから恐ろしげな回転式連発拳銃を取り出した。彼がその拳銃をとり扱うさまを見ていると、これまでの世界周遊旅行ではじめて、自分の生命が心配になったのだ。

 東海道はいつもと変わらずたいへん賑わっていた。徒歩で旅する者、乗物(のりもん)をつかう者、駕籠に乗った者、女子供、両刀を差した人々、剃髪した僧侶などが、ほとんど途切れることなく続くのだ。・・・・
我々に付き添っている役人たちは、立派な若者だった。大きな鍔の黒い烏帽子をかぶり、絹のゆったりとした着物をつけて、結構上品なのだ。道の両側には家や店や木が立ち並んでおり、村々が隣り合っていた。・・・・
 一時頃、封建都市小田原の対岸に到着した。ここで馬車を降り、我々はそれぞれ一枚の板の上に横になって、指を小さな穴に通した。そうすると、四人の裸の男たちがその板を持ち上げて肩に乗せ、そして川の中に飛び込んだ。これは奇妙だが少し感動的な迫力のある情景だった。急流の中ほどまで来た時、水が板をかつぐ男たちのほぼ肩の高さまでになった。激しい流れに屈せざるをえず、男たちは流されるがままになったが、幸いにも背が立たなくなることはなかった。まるで我々が小船に乗って下っているかのように、岸辺が遠ざかっていく。そのうち海の怒涛の響きが苦力たちの拍子をつけた大声と混ざりあうのだった。彼らは荒波と闘いながらも時おり笑いながら我々の方を見やる。軽い板の上でさんざん揺さぶられつつも、我々は板に必死にしがみつく。やっとのことで川岸にたどり着き、我々は砂の上に降ろされた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B