2007年12月05日

はじめて見る日本1

明治四年七月・横浜

 オーストリア・ハンガリー帝国の外交官だったアレクサンダー・F・V・ヒューブナーは、職を辞した後1871年5月から世界一周旅行に出発、同年(明治四年)七月二十四日に横浜に上陸しました。彼の『世界周遊記』中の日本編を全訳した「オーストリア外交官の明治維新」という本から、彼の見た明治初年の日本の様子を抜粋引用してみます。
gaikokan.jpg


引用開始
 日本にやってきた者は、誰しもわが目を疑う。歩みを進めるごとに、これはみんな夢ではないか、おとぎ話ではないか、千一夜物語の一挿話ではないか、といぶかることになる。それに、目にする光景があまりにも美しいので、雲散霧消してしまうのではないかと恐れるのである。
 私はむだな記述をするつもりはない。こんにちでは誰でもよく知っているように、日本の人々はおとなしくて感じがよく、礼儀正しくほがらかで、よく笑い、温厚で、とりわけたいへん子供っぽい。また下層階級の人々は、日焼けした赤銅色の顔をし、肌にはしばしば赤や青の刺青をしており、その模様や色からして、この国の古い漆器によく似ている。どんな階級の人でも、頭は額を刈り上げ、後頭部に楽しそうに揺れる小さい辮髪(丁髷)を飾っている。夏には窮屈な袴を脱ぎ、個人によって違うが、タフタ織か綿の簡単な浴衣をつけるだけで、家にいる時には褌をしている。この褌という腰巻は、上は天皇から下は苦力まで、対面を重んじる日本人なら誰でも心がける身だしなみの基本となるものである。

 階級制度の最下位にある商人は別として、みんな誰かに帰属している。しかし、農奴とか奴隷としてではなく、ある一つの藩の構成員として帰属しているのである。この藩というのは、いくつかの階級に分かれているが、つまるところはただ一つの大家族だけを形成しているものである。君主すなわち大名が、その長である。この君主に従うのは、重臣、家臣、侍つまり両刀を差した武士(一本しか刀を差していない者もいるのだ)、いろいろな階級の兵士である。みんな着物の背中と袖には、仕えている君主や団体の紋章をつけているが、この紋章は円の中に花とか文字が書き込まれたものだ。武士の刀や、墨壷、煙管、帯に結わえられた財布などは、いずれもよく知られている。
 ラザフォード卿の報告でこれも周知のことだが、君主に随行している侍連中とか、酒を何杯か飲んで興奮して茶屋つまり遊郭から出てきたばかりの侍連中に出くわすことは、好ましくないばかりか、死の危険すらある。
 ところで現政府が封建制度を解体している途上にあることは、一般にはあまりよく知られてはいない。しかし、この国の外見そのものは、まだほとんど変わっていないのである。さて、日本女性には、どんな記事や書物の筆者でも心を奪われてしまっている。正確に言えば、彼女たちはけっして美しくはない。顔立ちの端正さという点では、まだ申し分ないとは言えないのである。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B