2007年12月03日

明治の正月点景

日本の歳事1

 今回ご紹介している「ドイツ歴史学者の天皇国家観」の原著者ルートヴィッヒ・リースは、東大から招聘を受け、明治二十年(1887年)二月に横浜に到着し以来、明治三十五年七月まで、今日の東京大学史学科で歴史を学を講じた人物です。
本書ではドイツ人を対象とした日本紹介のために書いた論文が中心となっています。
写真はリース夫妻
rieb.jpg

引用開始
 十二月という月は日本のビジネスマン、大小の商人にとって一年中で最も骨の折れる月である。誠実な人間として通りたかったら、古くからの慣習に則って、新年を迎える前に未清算の勘定書を一括して提示し、支払いを済ませなければならないのである。それで借金を翌年に持ち越さぬため、伝来の家宝を相当数売却するということがいまだに決まってなされている。それでも足らないとなれば、いつでも借金に応じてくれて、しかも返済にはうるさくない友達に無心をする。万策尽きたら、人目につかない宿に密かに引き移って、押し寄せる債権者を避けることとなる。従って、日本では一年の最後の日は重大な支払いの日であり、夜遅くまでお使いが請求書をもってやってくる恐怖の一日なのである。「ダンナサン キライ ナ オオミソカ」と手まり遊びをしながら歌う小さな女の子たちは、この歌詞に込められた奥深い真実を知らない。

 新年の本当の始まりは、夜中の十二時を境に、突き手が大きな釣鐘の前にぶら下げられた丸太を時々刻々引き寄せ、この日だけ特別に百八回打鐘することによって告げられる。しかし、これは大晦日を越す喜びを騒々しく呼び起すものではない。借金の取立てや支払いを終えたものは、床につく方を選ぶ。もう翌日の早朝には元旦の儀式が待っているからである。
 晴着をまとった家族全員が新年最初の軽い食事のために集る。畳に座っている各々の前に、さまざまの意味ありげな料理をのせたお膳が並べられる。祝い酒は最年少の子供がはじめに飲み、それから年かさの方へ順々に、そして厳かに盃を回していく。
 神棚の前には、子供たちの関心を一手に集めるお供えが置かれている。それは、丸型の分厚い塊(鏡餅)で、上下紅白の二段重ねになっている。・・・・てっぺんには、ゆでて殻が深紅色になった大きなロブスター(伊勢海老)がでんと構えており、裏白、昆布、藁等が幸福をもたらす飾りつけとして添えられている。・・・・
 母親が小さな子に破魔弓を与え、女の子には新しい羽子板の羽根と板を、年かさの男の子には凧と凧糸を与えると、この可愛らしい子供たちは大喜びで外に飛び出して行き、戸口の前に据えられた祝いの飾り付け――竹のまわりに松をあしらって藁縄でしばってある――を見てびっくりする。そうこうするうちに、早々と最初の訪問客がやって来る。日本ではわずかのつながりしかない者同士でも、新年には皆お祝いを述べ合うのである。やがてこの家の友人もやって来る。賀詞を述べるため、多少の時間留まっていなければならぬ者もいるが、そそくさと祝い酒だけをよばれていく者もいる。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A