2007年12月01日

明治の新聞と新聞記者

日本文化と精神基盤

今回ご紹介している「ドイツ歴史学者の天皇国家観」の原著者ルートヴィッヒ・リースは、東大から招聘を受け、明治二十年(1887年)二月に横浜に到着し以来、明治三十五年七月まで、今日の東京大学史学科で歴史を学を講じた人物です。
本書ではドイツ人を対象とした日本紹介のために書いた論文が中心となっています。
写真は帝国議会仮議事堂
gijido.jpg

引用開始
 日本で現在ある九百もの新聞の記事の内容について批評を加えるのはかなり至難の業である。それらはどれも皆できるだけ多くのニュースを報道しようとしている。しかし本来の「新聞」として信頼のおけるのはせいぜい三紙か四紙にすぎない。すなわち『時事新報』『日日新聞』『国民新聞』、それにもしかすると『大阪朝日新聞』を加えてもよいかもしれない。
 だがつねに注意しなくてはならないのは、日本では個人的に偏った報道の真偽を見抜くセンスが、国民の間でまだあまり涵養されていないということである。さらに数字もまた曖昧であり、かなり名の知られた新聞記者でも数字に対する感覚はほとんど皆無と言ってよい。統計表が出てきても、各項目の総和にはかならず計算違いがあると思って差支えない。また日本の新聞の報道には、興味をかき立てるような中心、あるいは常識的な理性というものがしばしば欠けている。たとえば李鴻章が北京の宮廷に仮講和条約締結の電報を打ったというような、もう何日も前に分かりきっているようなことがわざわざ打電され、大見出しで報じられたり、あるいは香港から入港した客船に疑わしい病原菌が発見されたというような、専門家の助けを借りなくては読めないような記事が新聞に載ったりする。

 新聞を定期購読している通信社も、わざわざ手間をかけて顧客に提供するほどの材料をなんらそこに見いだせないことがある。また新聞記者は、外国大使館とか各省庁の門番などから、なんの価値もないネタを拾ってくることがよくある。たとえば「先週の木曜日、某国の大使が外務省を訪問した」というような記事であるが、日本の外務大臣あるいはその代理が毎週木曜日に外国大使と面会するのが通例になっていることを知っている者には、そんな記事は別に珍しくもなく、ましてやそれが単なる埋め草として掲載されているのであれば、なおさら馬鹿らしくて読む気はしない。しかしこのような気の抜けた同じ話の蒸し返しならまだ害はない。むしろ危険なのは、平気で嘘の報道をする新聞が以前から日本にあるということである。それは「ある種の勢力」の危険な意図に関する報道で、それを真実と思い込む者も依然としており、たいていロシアとの関係をほのめかしている。・・・・・
 あえて私がこう言うのも、日本では、生まれてまだ日が浅いにもかかわらず、すでにここ二十年のあいだに新聞が一つの大勢力にのし上がってきたからこそなのである。大勢力にのし上がってきたのは、政党の機関紙にとどまらない。そういったものから独立した新聞、さらには広い発行部数を誇る非政治的な新聞に至るまで一大勢力を形成しているのである。・・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本A