2007年11月28日

仏人の見た明治京都2

ベルソール、京都の魅力(下)

フランス人、アンドレ・ベルソールの「明治日本滞在記」は、1897年(明治三十年)12月から翌年8月にかけての日本旅行を記したものです。
 彼は小説家、翻訳家、旅行作家、評論家と多面的な活動をしたといわれ、この本の中でも、日本についても、しばしば遠慮のない評言をしています。
写真は当時の東本願寺東山別院
betsuin.jpg

引用開始
 私の住む通りの外れにカトリック教会が立っている。そこの司祭オーリアンティス神父は、伝統あるいは歴史の中でキリスト教に対する最も仮借ない敵の一人に数えられる大名の屋敷跡住んでいる。・・・・
 元の主がしつらえたままに残った庭には、珍しい樹木や奇妙な石などが配置されている。・・・・ほとんど毎日、私が訪れる時刻には、オーリアンティス神父は数人の日本人へのフランス語の授業を終える。これらの生徒は、既婚者、家庭の父親、軍人、公務員、あるいは外国語愛好者等さまざまだが、わが国の言語を学ぶことを望んでおり、大男で、ひげが半白になり始めているオーリアンティス神父は、わが国の子供たちが使う読本を彼らに使わせている。・・・・

 昨日、オーリアンティス神父は、ある職人の家で宵を過ごすのだと私に告げ、同行しないかと私を誘ってくれた。・・・
 われらが知人たちは、職人の住まいが両側に並ぶ狭い袋小路の奥に住んでいた。窓と引戸式の表口はまだ開いていて、二つか三つの小さい部屋の中を見ることができた。この種の家はたいていこんな間取りである。木蓮の大きな花のような白い角灯が投げる白っぽい光の下で、子供たちがひざまずいて勉強のおさらいをしていた。光の陰に隠れたいくつかの顔からは、穏やかな話し声や笑い声が洩れていた。
 われわれが入った家は大きくはなかった。一室とそれに板の間である。板の間は台所に使われている。父親、母親、それに四人の娘が、その部屋に人を迎え、食事をし、そして眠る。しかし、この人たちは貧民ではない。その部屋は、六人が住んでいるのに、わが国の屋根裏部屋の入口で感じる貧しい不潔感がない。その部屋は清潔で、魅力的ですらあった。部屋には、夏にはいっそう涼しい藤のござのようなものが敷かれていた。小さいたんすが二、三、奥に並んでいた。鏡の入ったごく小さい化粧台が、部屋の隅に見えていた。ニスか漆を塗ったごく低いテーブルが二脚あり、一つには茶道具と菓子が、他の一つには、元サムライで、今は扇子作りの職人である父親の刀が載っていた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B