2007年11月24日

中国遺棄兵器処理問題

蒋介石秘録に見る日本軍兵器の行方

11月30日、防衛研究所で「化学兵器中国で遺棄」覆す文書見つかる の記事が出ましたねー

 我々国民の一兆円とも言われる莫大な税金が捨てられようとして今問題になっているにも拘わらず、マスコミがほとんど取上げない遺棄兵器処理問題について、蒋介石秘録に出てくる関連部分を引用して見ます。
 日本軍の降伏と同時に当然武装解除された日本軍の武器を最も欲しがったのが中国共産党であることがはっきり示されています。日本の政治家、官僚は、日本国民を食い物にしていると言っても言いすぎではないようです。
写真は武装解除でソ連兵に武器を引き渡す日本兵
buki.jpg

引用開始
 崩壊寸前となった日本に、ソ連が”分け前“を求めて参戦を急ぐことは確実であった。中国にとっての最大の問題は東北(満洲)であった。東北を軍事占領したあとのソ連は、必ず中国に難問を吹っかけてくることが予想されたからである。
 8月7日、モスクワで中ソ友好同盟条約の交渉にあたっている宋子文に次のように指示した。
『東北にある各種の工業施設および機器類は、すべてわが国の所有に帰し、倭寇(日本)のわが国に対する戦債償還の一部分とすべきものである。この点を(ソ連との)条約締結の際によく協議するか、あるいは声明するように』
 予想した通り、ソ連は8日夜日本に宣戦、ソ連は東北になだれこんだ。
『ソ連の対日宣戦は、投機と狡猾をきわめた行動』であった・・・・
『モスクワでの交渉で、我々は次のように国家権益に関して重大な譲歩をせざるをえなかった。

1、外蒙の独立自治を承認する
2、東北長春鉄路の共同経営
3、大連を自由港とし、長春鉄路によるソ連の輸出入物資は関税を免除する
4、旅順口を両国共同使用の海軍根拠地とする』

同時にソ連は、
a、国民政府に対する軍需品その他の援助、
b、中国の東北における領土と主権の完全性の承認、
c、日本投降後三ヶ月以内の完全撤去
を約束した。しかしスターリンは、これらの約束を一切守らなかった。・・・
 中国戦区の受降典礼は、9月9日午前9時、南京の旧中央軍校におかれた陸軍総部の大礼堂で行われ、日本の支那派遣軍総司令官・岡村寧次が降伏文書に署名、中国陸軍総司令・何応欽に提出した。・・・・
 長年の苦闘を経て、ようやく勝利を手にした中華民国にとって、ソ連と共産党は、“新たな国恥”の根源であった。
続きを読む
posted by 小楠 at 08:02| Comment(17) | TrackBack(1) | 書棚から真実を