2007年11月16日

明治初年市井の生活

ブスケ 日本見聞記1

「ブスケ 日本見聞記(フランス人の見た明治初年の日本)」の中からご紹介します。ブスケは1872年[明治五年]に日本政府の法律顧問として四年間滞在しました。
 先ずその緒言の一部で「この好機を逸せず、まだまだ知られていないこの国民の外的及び内的生活を事実に基いて知ることができた。私は、我々の文明よりもはるかに古く、同じように洗練され、これに劣らず成熟した文明が私の眼前で花を開いているのを見た。私は、その文明の花と我々西洋文化の花との違いに心をうたれ、根元まで探り、この国の芸術的・精神的表現をこの国の構造に基いて尋ね、その国民の心理をその作品の中に求めようとするに至った。私は利害に捉われない・良心的な観察者として、この調査を体系的でもなく、また成心もなしにつづけてきた。私は自由な証人として語るのである・・・」と述べています。
bousquet.jpg

引用開始
 大川は大商業活動の舞台であるばかりでなく、大衆の娯楽の舞台でもあり、この娯楽は呑気で陽気な一国民の大きな行事であるらしい。
 最も凝った行事は両国橋のたもとで毎年6月28日に行われる大花火である。川の両岸には、夕方6時から早くも、派手な着物をきた大勢の人々が集ってくる。赤づくめの着物をき、鳥の羽で作った一種の帽子をかぶった何人かの子供が通行人の前でとんぼがえりをうってみせる。橋は人で一杯であり、左岸の本所から流れでてきた水路は船で一杯である。好奇心をそそるような仕掛けをしたアーチがつぎつぎと空に描かれるのを見るのはすばらしい。

 これらの大勢の人々を見るだけでもかくも強い喜びの印象を生むのは、この多くの人々の上にどんな不思議な威力が働いているのだろうか。日が落ち、見世物の場所が変わり、舞台はもう河岸ではなく河自体の上である。船がひしめき合い、各船は上機嫌の市民を満載している。こちらには、昨日は商売に用いられまた明日も商売に用いられる船の中に、真面目な商人一家が質素に化粧もせずに見せるためでなく見るために乗っているかと思うと、あちらには非のうちどころのないほど化粧をし素晴らしい着物をきた婦人たちが夫と共にいる。彼女らは静かに楽しんでいる。もっと遠くには、「ゲシヤ」(芸者)――舞妓――が数名きわめて優雅な無言劇を演じており、楽人が三味線で彼女らにあわせている。
 隣の船には白絹の長いマント(羽織?)を着た一人の若い男が悠々と横になり、そばでは三人の女が坐り、代わる代わる彼をあおいでいる。彼はすでに「サキ」(酒)に酔っており、目は輝き微笑をたたえ、やっと立上がって岸にある鯨幕と吹流しのはためいている茶屋に入ってゆく。夜になるとすぐに、一万か一万二千の船が、暑い夜のそよ風の下で各種各様の図柄をみせまた無数の蛍のようにゆらぐ、あらゆる形の、あらゆる大きさの、あらゆる色の提灯をかかげる。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B