2007年11月03日

東京裁判弁護資料3

高柳賢三弁護人結語

 戦後レジームの根元と考えています東京裁判の内容が如何なるものであったかを実際の弁護記録から知っておくのも大切なことだと考えます。
 今回も小堀桂一郎氏編「東京裁判日本の弁明[却下未提出弁護側資料]」から抜粋して、東京裁判が茶番と言われる所以が判りやすい部分を記述してみます。
今日も高柳賢三弁護人冒頭陳述で、その結語の一部からですが、第一回は昭和22年2月24日で、全文却下(全面朗読禁止)で、昭和23年3月の最終弁論でようやく全文朗読されたものです。
判決文朗読に聞き入る弁護団
defence2.jpg

引用開始
 本裁判の開始以前に、わが法曹界では、いわゆる裁判所条例なるものは、裁判所に対し敵国の指導者を処罰する権限を与え且つこれを命ずるために現行国際法の法則にお構いなく包括的用語を以て規定せられた専断的な裁判指針にすぎないとか、いわゆる裁判所なるものは、司法的機関ではなく刑罰をふり当てる行政的機関にすぎぬとか、条例に表現された聨合国政府の政策と抵触する場合には国際法は当然無視されるであろうから今更むきになって国際法の議論をしてもはじまらない、といったような意見がしばしばささやかれたのであった。

 しかし1946年5月3日、本裁判の開廷に当って裁判長が述べられた「本日ここに会合するに先立ち、各裁判官は、法に従って恐れることなく,偏頗の心をもつことなく、裁判を行う旨の合同誓約に署名した」、「われわれの大きな任務にたいして、われわれは事実についても法についても虚心坦懐にこれを考慮する」、「検察側は合理的な疑の存せぬ程度に有罪を証明すべき立証責任を負う」との言葉によって右のような迷想はほとんど解消したのである。
 法に優越する何者をも認めない英米の法伝統を知る者にとっては、裁判長のこれらの言葉の意味は明々白々であった。懐疑主義者はたしかにこれは面喰ったが、しかしなお「法に従って」とは「国際法に従って」という意味に用いられたのではなく、「条例に規定せられた法に従って」という意味にすぎないのだと言い張った。
 しかしさらに主席検察官がその劈頭陳述において、被告人達は国際法に関する行政府の決定によってではなく、現行の国際法そのものによって断罪せらるべきであり、本条例はかかる現行国際法を宣明せんとするものに過ぎないゆえんを明白にされた。これによってこの疑は完全に解消した。
 主席検察官自ら、コモン・ロオに育まれた著名な法律家である。私人に対する政府の特権を何ら認むることなく、行政府の法解釈も公正な裁判所によって排斥されることを認めるという英米司法裁判の特徴をなすフェア・プレイの精神を体得しておられるのである。そして政府の代表者も判決に於て自らの主張が全部排斥された場合にも、欣然としてこれに服するのである。

続きを読む
posted by 小楠 at 08:41| Comment(4) | TrackBack(1) | 書棚の中の東京裁判