2007年10月26日

共産党の天皇会見運動

宮城へ押しかける共産党五代議士

 今回は「徳富蘇峰終戦後日記2」をご紹介しています。以前にご紹介した「徳富蘇峰終戦後日記」の続編で、「頑蘇夢物語」続編として06年12月の発行となっています。
写真は議事堂裏で徳田球一等の演説を聞く聴衆1946年5月
ganso09.jpg

引用開始
(昭和21年5月21日午前)
 吉田内閣に反動の烙印を押した共産党では、大命を降した天皇に責任があると、同党議員徳田球一、志賀義雄、野坂参三、高倉テル、柄沢とし子の五氏はうち揃って17日午前九時過宮内省を訪れた。まず坂下門で犬丸総務課長への面会申込みにからむ連絡上のことですったもんだ、やっと連絡がついて当番高等官室で総務課長と面接。
待ちかまえた徳田代議士、開口一番すでに殺気をおびて
「君は局長か」
「局長ではありません、課長ですが局長はありません」
「坂下門の受付では局長がおりますといっていたが、嘘をついとる。大体お客さんを玄関で待たすなぞは失礼だ
「宮内省は従来から面会を求められた者に、はっきり連絡がつくまで連絡上お待ち願うことになっていますから諒解願います」

徳田代議士さらに語をつぎ
「14日の宮城デモの時、宮内省の役人が人民を蹴飛ばしたというじゃないか」
「そんなことは聞いておりません。想像も出来ないことです」
「直ぐ調べようではないか」

こんどは志賀代議士。
「調べるのは別として平素から躾けておくべきだ」

徳田代議士さらに
「元首に対する礼をつくせというが、主権在民じゃないか」

「新しい憲法草案では主権在民になっていますが、大統領の国でも元首はあると思います」
「・・・・・・・」
「天皇も礼をつくしてくれれば人民も礼をつくす。互いに礼をつくそう。平等な人間として天皇が礼をつくせば人民は尊敬をつくすようになる」

志賀代議士「昨日電話で天皇に会いたいと申込んである」
「昨日は天皇にお会いしたいということだったのでお断りしましたので、きょう私に面会のためお出でになることは知らなかった」

徳田代議士の声は例によって怒気をふくんでいる。
「ここは応接室か、当番高等官室じゃないか。応接室はないのか」

「大臣の応接室はありますが、私などが使用する応接室はありませんから、代議士が来られてもここでお会いしております」
「代議士は政治や行政監督する任務をもっている。このことは議会で公表する」
つぎからつぎへと序曲がつづいてなかなか本論に移らない。両腕を胸の前に組んで静かに瞑目していた野坂代議士、たまりかねて柔らかい語調で発言。
「本論にはいろう。とにかく天皇にお会いすることを取り次いで貰いたい」
続きを読む
posted by 小楠 at 07:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 書棚の中の国際関係