2007年10月25日

ソ連の手先・共産党

政局紛糾の責任とマッカーサー

 今回は「徳富蘇峰終戦後日記2」をご紹介しています。以前にご紹介した「徳富蘇峰終戦後日記」の続編で、「頑蘇夢物語」続編として06年12月の発行となっています。
写真は1946年5月のメーデー
ganso08.jpg

引用開始
(昭和21年5月19日午前〜20日午前)
 表向ではソ連も世界問題の処分に於ては、米英と歩調を揃えつつあるが如くであるが、裏に廻っては、全くその反対の行動をしている。近くは朝鮮に於てがその通りである。如何に米国が統一したる朝鮮の民主国を作り上げんとしても、38度線を限りとしてソ連は断固として独自の政策を朝鮮に実行している。即ち日本に於ても漸くその徴候が現れ来り、余りに露骨にソ連が日本の共産党を支持し、且つアメリカの統治方針に横車を押しつつある為に、流石のマッカーサーも今は業腹となって、その代表者をして、共産党は嫌いであると揚言せしむるに至った。しかもそれについて、また本国政府では、左の如くそれを支持している。

反共声明を支持
米国務次官【ワシントン17日発AP−共同】

 対日理事会米国代表ジョージ・アチソン氏が去る15日「米国は米国におけると日本におけるとを問わず共産主義を歓迎しない」と言明したことは米国朝野にも重大渦紋を投げかけているが、米国務次官アチソン氏は17日新聞記者団会見の席上、国務省はアチソン代表の声明を支持する、と言明した。
 かくの如く日本に於ても、事毎にマッカーサーの統治に横槍を入れつつありて、遂にその諍いが表に出て来るに至ったが、今後それが如何なる程度にまで発展するか、もしくはそれがいかなる程度まで調節せらるるか。いずれにしても、世界は全く二大陣営に分かれ、アングロサクソンに属せざる者はソ連に属し、ソ連に属せざる者はアングロサクソンに属し、あたかも応仁の乱に、山名方、細川方とある如く、何れにか属せざる者はなく、日本の如きは、その二大勢力のやがて角力を取る土俵となるかも知れぬ虞れが無しともいえない。日本に於ける共産党は小さき蛇であるが、それがあるいは雲を起し、雨を降らすの龍となるか否かは、これは未来の問題である。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の国際関係