2007年10月23日

封建的から反動的へ

何に対して反動的なのか

 今回は「徳富蘇峰終戦後日記2」をご紹介しています。以前にご紹介した「徳富蘇峰終戦後日記」の続編で、「頑蘇夢物語」続編として06年12月の発行となっています。
写真は三越デパートでのマッカーサー胸像の除幕式1945年11月
ganso06.jpg

引用開始
(昭和21年4月16日午前)
 ここまで世間で、自分たちの気に入らぬことを、「封建的」という言葉で排斥し去ったが、この頃はまた新たに「反動的」なる言葉を加えて、しきりにそれを振り廻している。ラジオとか、新聞とかでは、耳が痛くなる程それが聞えもし、且つ見えもする。
 例えば今回の選挙は反動的である。何故かといえば、進歩党とか自由党とかいうものが多数を占めているからである。この観察は、外国から見れば一応の理由あるかも知れぬ。何故なれば、米国では日本の議会を米国流の民主主義たらしめんと期待し、ソ連ではソ連流の共産主義の議会たらしめんと期待したが、それが案に相違して、自由党といい、進歩党といい、日本流の民主主義で、天皇護持の下に国運を振興せしめんとするものであるから、彼等の注文通りに行かないことも明白である。それを目して、彼等が反動的という事も、彼等の立場からすればあながちいわんと欲すれば、いい得られない事もあるまい。しかしながら日本人がその尻馬に乗り、否なそれにシンニュウをかけて、反動的議会などという事を、議会の召集もなき前から叫び立てているのは、如何にも奇怪千万の事といわねばならぬ。

 斉しく民主主義というも、銘々の国情に相応すべき者がある。同じ足に履く物でも、同じ頭に冠る物でも、同じ三度の食事でも、皆その国の仕来り、情勢によって、それぞれ特殊のものがある。我等が毎度いう通り、英米の二国は本店と新店の如き関係あっても、米国は米国、英国は英国、チャンとそれぞれ自国特殊の物がある。いわんや日本の国が民主主義を採用すればとて、米国流まる写しという事も出来ず。ソ連流丸呑みという事も出来ず。日本には日本特殊の民主政体を樹立すべきは、別に研究も議論もなく、誰しも承認すべき常識である。ところがそれを目して、反動という事は果して何を以てかくいうのであるか。反動といえば、前に行く者が後ろに行くという事である。左に行く者が右に行くという事である。しかるに今日の進歩党でも自由党でも、共産主義者などから見れば、徐行とか、漸進とかいう事は出来ようが、反動という事は全く事実を誣いたるものである。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 書棚の中の国際関係