2007年10月09日

孤独な帝国日本

アングロサクソン国連合下の日本

 今回ご紹介する本「孤独な帝国 日本の1920年代」は、1921(大正10)年から27(昭和2)年まで駐日フランス大使を勤めたポール・クローデルの書簡を抜粋したものです。
解説によりますと、クローデルの日本への出発を前に雑誌『エクセルシオール』につぎのインタビュー記事が掲載され、
「日本は大戦(第一次)の間も友邦かつ連合国として非常に重要な役割を果たしてくれましたが、だからといって極東最大の陸海軍をもつ強国ということにとどまるものではありません。非常に古い文明をもちながら、それを見事に近代文明に適応させた国、偉大な過去と偉大な未来をあわせもつ国でもあるのです」・・・・
また、「今度新しいポストに任命されてうれしくてなりません。フランス共和国の代表としてミカドの国に赴任するというのは、このうえない名誉と感じています」とも語っている。
では興味深い部分を抜粋引用してみます。
claudel01.jpg

引用開始
1923年6月21日
 ワシントン会議において〈太平洋に関する四カ国条約〉が締結されたことで、イギリスは必要のなくなった日英同盟を優雅に終結させることができたのですが、このとき私の任地のここ日本の新聞は、この決定の重大さを和らげようとつとめ、まるで合言葉のように、当事国双方に共通の意思表示であると述べてこれを紹介したのです。イギリス皇太子がその何ヶ月かのちに訪日し、国民のあらゆる階層からこれ以上は望めないほどの歓迎を受けました。人々は表面上は微笑みながら、しかし内心のひじょうな不安、なんとも苦々しい気持ちを抑えていたのです。
 アングロサクソンの国々が、あらゆる機会を利用して極東での連携を強めるのを目の当たりにし、日本は、直接的な脅威を感じているとは言わないまでも、危険なまでに孤立していると感じていました。さらにふたつの事情から、太平洋を支配しているふたつのグループの利害の対立が明らかになりました。そして両者のあいだには敵意といってもよいほどの不信が増大しつつあるのです。

 第一の事情とは、取り返しのつかない様相を呈している現在の中国の分裂状態です。それが最も顕著に表われたのが臨城の略奪事件です。この事件は、日本がパリとワシントンで主張してきた説を正当化するものでした。その説とは、隣の共和国で実行された改革は見かけだけのものであって、この国は、どの地域をとってみても、住民を効果的に服従させうる権威をもつ国家として他国に認めてもらうことができないというものです。私たちが中国と呼んでいるのは、幾人かのごろつきの親分たちの野望がぶつかりあっている戦場にすぎないということは、認めなければなりません。続きを読む
posted by 小楠 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 書棚の中の国際関係