2007年10月03日

支那事変前の米中日3

元中国駐在米国公使のメモランダム3

「平和はいかに失われたか」という本から掲載しています。
この本はアメリカの外交官ジョン・マクマリーが1935年に書いたメモランダムで、「ワシントン会議」以来の極東状勢と、アメリカのとるべき政策を論じ、特にワシントン体制の崩壊を論じた部分が中心となっています。今回は中国の傲慢非妥協的な敵意についての部分。
写真は蒋介石(右)
mac04.jpg

引用開始
 当時、国民党は極端に暴力的となっており、それは内部の抗争によって一層激しくなっていた。この内部抗争は、すぐ後に、ロシア人政治顧問団に対する不信任とその追放劇となり(国共分離)、また蒋介石将軍が実質的な独裁者となるに及んで、党内の抗争は最高潮に達した。この時の紛糾した抗争の歴史は、それ自体大きな問題であるが、ここでは、外国人の生命や権利に影響したり、あるいは脅威を与える場合に限って述べることとしよう。
 蒋介石は、妥協したり、巧みに説得したり策略を巡らしたりする中国人の伝統的能力はすべて持っていた。しかし、自分が欲するものを見分け、決断を下し、断固として行動する力においては、現代中国政治家の中ではユニークな存在であった。
 そのような彼の統率の下に、国民党政府軍は広東から揚子江流域へ向って進撃した。・・・
 この行軍に際し最も注目すべき点は、この軍隊には、政治局員もしくは宣伝部員がかなり前を先行し、進軍の行路に沿って農民の説得にあたっていたことである。北伐軍は、中国人の生計の道を奪ってきた外国人の桎梏から農民を解放し、自由にするためにやって来たのだと宣伝していたのである。孫文の論文が引用されて、中国の対外貿易は輸入、輸出とも、帝国主義者への貢ぎ物であり、中国人の長期にわたる貧困と苦難は、中国の意思に反して強制されてきた対外貿易の結果であるとされた。その底流には、中国民衆の外国人嫌いの心情が限りなく存在し、宣撫の効果は十分であった。
 今まで北伐軍に抵抗してきた地方がつぎつぎと制圧され、蒋介石軍は快進撃を続けて国民的救世主として歓迎された。
 1926年の暮れ、揚子江流域中部の漢口を首都とする政府が成立した頃(武漢政府の成立)、彼らは自らの成功に有頂天になっていたので、列強諸国の代表達を遇するのに常に厳しい態度で接していた。それはかつて、ロシアの共産党政府が最も頑迷だったころに似ていたが、民衆の暴発力を、外国人とその権益に向ってけしかける力を持っているのだぞと、公然と誇示する有様であった。
 このような傲慢にして非妥協的な敵意を前にすると、関係各国政府も状況判断に当り、どうしても「希望的観測」に陥りがちであった。関係各国の外交団は、“愚者の楽園”の日常からでてくるものは幻滅でしかないことを、自分たちの母国政府に理解させることの空しさに悩んでいた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書棚の中の日中関係