2007年09月28日

ヤポニカ日本の人々

飴 屋

今回ご紹介している『ヤポニカ』は英国人の詩人、ジャーナリストで、『デイリー・テレグラフ』の編集者サー・エドウィン・アーノルド著で、アメリカからこの本の挿絵を描くのにR・フレデリック・ブルームが派遣されています。アーノルドが来日滞在したのは1889年(明治二十二年)末からで、二回目の来日時に仙台出身の女性、黒川たまと結婚。彼には三回目の結婚で、滞日時の年齢は58〜60歳でした。
この本の挿絵には訳者の解説がついていますので、それも部分的に引用します。
挿絵は飴屋です。
japonica05.jpg

挿絵解説の引用
 画家の解説によると、「本当にその手際は面白いものだ。きわめて単純な方法で、溶けたガラスに息を吹き込んでランプを作るように飴を形作るのだが、その仕上がりは美しく、とても真似できるものではない。確かに職人芸であるとともに十分芸術的だ」という。
 明治中期に大流行した市井の風俗が飴屋(飴細工)であった。管に息を吹き込み、器用な手つきで子供相手に飴で動物などをかたどる技術を間近にした子供たちの、手品でも見るかのような驚きの視線は、外国人も同じであった。彼らには、驚異の職人芸に見えたのである。
 ブルームは、来日前ヴェネツィアでガラスの工房を見たことがあった。その彼の目にも飴屋の技は驚きに映ったのである。
 日本で飴屋のテーマをたびたび描いたブルームは、アメリカに帰国後、それらを集大成し、油彩による『飴屋』を権威あるナショナル・アカデミー・オブ・デザイン展に出品し好評を受ける。この飴屋はブルームの生涯の代表作となった。
挿絵解説引用終わり

本文より
引用開始
 人々がいかにせっせと風呂堂に通うかに注目しよう。人々は世界中で「入浴」の最大の愛好者であり、疑いなくもっとも清いと知られているのである。日本の大衆はどんな臭味もないし、人力車夫は最小の気配りをしながら乗車料をとった後、やたらとたくさんの汗をかく。ほんとうに彼らは下着をつけないし、湯上りには着物、ふんどし、じゅばんを身に付ける。しかし、これらの衣類はまた常に洗濯されている。またすべての手や足がいかに手入れされているか、いかに完全によい状態に保ち、自然であるかに注目しよう。
 木の下駄、なわで作った草鞋によって、実際は足の両側と平にたこができ硬くなっている。ベルベットの糸や草の茎が足の力を保ち、親指を他の指と離して成長させている。しかしほとんどの男性、女性の足は美しく見える。西洋人の男性、女性の足にしばしばみられるいたましいねじれの様子はみられない。そのねじれはきつく尖った長靴や短靴の結果である。とくに日本女性のほとんどの手はいつも上品で、時には絶対的に魅力的である。・・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:15| Comment(6) | TrackBack(2) | 外国人の見た日本A