2007年09月26日

ヤポニカ日本この国1

むすめ

写真は1891年刊の『JAPONICA』表紙
japonica01.jpg

 今回からご紹介する『ヤポニカ』は英国人の詩人、ジャーナリストで、『デイリー・テレグラフ』の編集者サー・エドウィン・アーノルド著で、アメリカからこの本の挿絵を描くのにR・フレデリック・ブルームが派遣されています。アーノルドが来日滞在したのは1889年(明治二十二年)末からで、二回目の来日時に仙台出身の女性、黒川たまと結婚。彼には三回目の結婚で、滞日時の年齢は58〜60歳でした。
 19世紀後半の欧米の新聞・雑誌の隆盛普及は、挿絵に支えられていたといっても過言ではなく、以前にご紹介した『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』のような、紙面の50%以上が挿絵のものまで出現しています。この本の挿絵には訳者の解説がついていますので、それも部分的に引用します。
まずは巻頭の挿絵「むすめ」の訳者解説から。
japonica02.jpg

引用開始
 アーノルドの詩や評論を通じ、「むすめ(日本の娘)」という言葉が英語圏に普及した。日本女性について一般に欧米人が思い描くエキゾティックで魅惑的な女性像は、アーノルドの謳いあげる唯美主義的イメージでより鮮明な像を結んだ。アーノルドにとって、「むすめ」とは優しく、麗しい日本の文化と風土すべての象徴であったといってよい。
 東洋思想や仏教の、主として文献・説話の西洋への紹介者であった彼は、日本では日本社会で出会った女性たちを媒体として、日本の精神を直感的かつ具体的に理解したのである。
 挿絵画家ブルームの優れた描写力は、日本女性の魅力をいっそう引き立たせ、アーノルドの「むすめ」のイメージを定着させた。ブルームは日本で、さりげなく「肩越しにふり返る若い女性」のポーズをしばしば題材に選んだ。水彩のきびきびしたタッチと逆光表現の技巧が、強い印象を生んでいる。
挿絵解説引用終わり
では、本文のすばらしい「序」をご紹介します。

続きを読む
posted by 小楠 at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A