2007年09月21日

最大の媚中派河野洋平

国貿促(日本国際貿易促進協会)会長さま

総裁候補に突然福田氏の名が現れ、福田氏の政策が何なのか国民に広く知らされる前に、世論では福田氏優勢だという報道??
それなら何故ネットではこんな結果になるんだ!
【タイトル】
ポスト安倍決選投票!【麻生VS福田】

【質問文】
あなたは、麻生太郎幹事長と、福田康夫元官房長官のどちらを支持しますか?

【参考URL】
http://news.google.co.jp/news?q=%E9%BA%BB%E7%94%9F%E5%A4%AA%E9%83%8E&hl=ja&rls=GGLD,GGLD:2004-04,GGLD:ja&um=1&ie=UTF-8&sa=X&oi=news_result&resnum=1&ct=title
http://news.google.co.jp/news?q=%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%BA%B7%E5%A4%AB&hl=ja&rls=GGLD,GGLD:2004-04,GGLD:ja&um=1&ie=UTF-8&sa=X&oi=news_result&resnum=1&ct=title


【結果】  -2007年09月21日 10:11:58現在
・麻生太郎 2061票(86.05%)

・福田康夫 162票(6.76%)

・どちらも支持しない 128票(5.34%)

・白紙票 44票(1.84%)


■結果画面へはこちらからもどうぞ
http://www.yoronchousa.net/result/2854

----------------------------
Powered by リアヨロ!
http://www.yoronchousa.net

衆議院議員戸井田とおる氏のブログにも現場の様子が書かれていますが、おかしいと思いませんか? 自民もマスコミも、国民をばかにしたようなこの騒ぎは、確実に意図して作られたものとしか判断できません。下記のような政策がやり易くなるのは目に見えていますがね。
今、こんな記事もありました。家族が一番さん北朝鮮の走狗、福田康夫は議員辞職せよ

では今日の本題を
 現在まで、中国の「友好」も「反日」もすべての政策が、ジャパンマネーを狙ったものであることは自明の理です。また日本国内にも、その利権に群る輩が、様々な名目で中国への支援を作り出そうと暗躍しています。これは北朝鮮との国交正常化推進についても、同じ構図が見られることでしょう。
「中国の黒いワナ」(別冊宝島)から第二章、青木直人氏の「国民の敵」から引用します。
写真は来日した温家宝と
nitchu02.jpg

引用開始
 目下、最大の媚中派政治家と揶揄されるのが、衆議院議長の河野洋平である。河野は昨年12月に中国を訪問し、最高指導者である胡錦濤国家主席と会見した。
 中国共産党の機関紙『人民日報』は、第一面の右肩を使って、この会見の模様をカラー写真付きで紹介している。このスペースは普通、前日に中国首脳と会見した海外の賓客が紹介される「指定席」であり、中国の対日外交にとって、今も河野が有力なキーマンであることを暗示していた。もっともこの記事では、河野のことを「日本の衆議院議長」としてだけでなく、「日本国際貿易促進協会」(国貿促)会長としても紹介していた。
 国貿促とは、1954年、中国を中心とした当時の社会主義国との貿易を目的にして、日本共産党の指導の下に誕生した経済団体である。当時、主要幹部はいずれも共産党員であり、日中貿易に関係する、中小のいわゆる「友好商社」を傘下に収めていた。
 国貿促の隠れた設立目的は,友党である日本共産党に、中国共産党から合法的に資金援助を行うことだった。貿易を通じて得た利益やコミッション料などが、同協会に恒常的に流れる仕組みになっていたのである。
 しかし、やがて中国で文化大革命が起こり、中国共産党と日本共産党の間で対立が始まると、それにともなって国貿促も、日本共産党から日本共産党の分派・中国派勢力の影響下に入り、そのまま72年の日中国交正常化を迎えたのである。
 その後、中国が改革開放経済にシフトすると、日本財界のトップ企業も参入しはじめて、近年では、会長に橋本龍太郎元首相が就任するなどして変貌を遂げてきた。とはいえ、中国政府に忠実な点では一貫しており、現在でも「日中友好七団体」のうちのひとつに入っている。チャイナロビー団体としてのカラーに変化はない。
 橋本元首相が昨年七月に物故し、その後を継いだのが、現役の衆議院議長である河野洋平である。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚の中の日中関係