2007年09月17日

中共のチベット侵略7

ダライ・ラマのラサ脱出

マイケル・ダナム著「中国はいかにチベットを侵略したか」から、抜、粋引用してみます。
この中共の侵略手法をよく把握しておくことは、今の日本にとっても重要なことではないでしょうか。尖閣諸島などでの中国の行動と重ね合わせて、国民が危機感を持っていることも大切でしょう。
写真はポタラ宮殿の麓で中共に抗議するチベット国民
tibet07.jpg

引用開始
 1955年3月17日,ノルブリンカの庭に砲弾が炸裂したのと同時刻、「ラサの騒動に関するニュースはまったく当てにならない。チベット問題はむしろ人びとの心と心の衝突であり、武力衝突ではない」などとネール首相はインド議会で喋っていた。彼の答弁は翌日、内外の新聞を飾った。が、それがネールのチベットに関する嘘っぱちの最後となった。三日後の3月20日、中共軍の大砲はラサのど真ん中にあったインド領事館を吹き飛ばしたのである。
 一方、3月17日の脱出組は幾つかに分かれて出発した。第一陣は法王の母、末弟のテンジン・チョイギャルと姉のツェリン・ドルマ。・・・第二陣は上級職員のグループで、防水布で覆われたトラックに分乗し脱出した。最後はダライ・ラマ、パーラ侍従長、僧院長、法王の義兄の親衛隊長クスン・デポン一行だ。・・・・ダライ・ラマは国璽をしっかりと握ったまま出発の準備を調えた。・・・・
 歴史家の中にはダライ・ラマのラサ脱出を計画し、実際に手を貸したのはCIAだという者がいるが、ロジャー・マッカーシーは強硬に否定する。それが真実でないからというだけでなく、もっと大事なこと、あの最も困難な、中共を騙し通すという離れ業をやってのけたのがチベット人なのだと主張した。・・・・

 チベット軍兵士だったキルティ・ルンドプ。彼のいた軍は何年か前に解散させられたため、ミマン(チベット語で“人民代表”の意。反中共活動組織)に加わっていた。
「ラサ市民は自分たちの無知に気づき始めていた。この何年かミマンはラサ市民に、中共に協力していればいつか必ずチベット全土を破滅させられると警告しつづけてきた。今やっと人びとはその意味を理解してくれた。法王の行方が分からないのが一番の理由であった。法王なしではラサ市民も他のチベット人と少しも変らないからだ。以前、彼らはカンパやアムド、ゴロク族たちを見下していたが、今になって同胞たちがどんな道を歩いてきたのかを知ったのだ」と彼は語った。・・・・
 中共側とてダライ・ラマの消息がつかめないでいらいらしていた。譚将軍は外国領事館に逃げ込んだのかもしれぬと、インド、ブータン、ネパール領事館に家宅捜索を申込んだが、体よく断られた。・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 共産主義の実態