2007年09月13日

中共のチベット侵略4

中国共産党の裏切り

安倍首相が辞任しました。反日朝日新聞やテレビの執拗で異常なまでの安倍叩きには憤りを感じますが、産経のアンケートを見る限り、朝日の安倍叩きが国民の真意だとは思えません。
 日本はこのような偏向マスコミの一方的報道で、進路を歪められてしまうことがよく判る事例でしょう。年金問題に関する直接責任が民主党の支持団体「自治労」であることなど、ほとんど報道されませんでした。結局被害を蒙るのは一般国民なのですが。
 以下のチベットの問題も、反日マスコミでは報道された覚えがありません。朝日などに対しては根本的に中国共産党の犬だという認識を持って、報道の意図を見抜くことが大切でしょう。

マイケル・ダナム著「中国はいかにチベットを侵略したか」から、抜粋引用してみます。
この中共の侵略手法をよく把握しておくことは、今の日本にとっても重要なことではないでしょうか。尖閣諸島などでの中国の行動と重ね合わせて、国民が危機感を持っていることも大切でしょう。
写真はゴロク族の僧侶たち
tibet04.jpg

引用開始
 毛沢東はチベットの完全な植民地化にはダライ・ラマがなくてはならぬ存在であることを十分認識していた。彼を力ずくで屈服させることは無謀であり愚の骨頂だとも思っていた。ダライ・ラマは非常に賢明だが、何せ年若く感じ易い年頃だ。いっそのこと北京に引っさらって、チベット国民と引き離し、何千キロと離れた地に長く留めておけば、いつかは我々に靡くだろう。
 毛沢東はダライ・ラマを中国に誘い込む上手い口実を作った。新中国憲法発足祝賀会に賓客として彼を招待するのだ。ダライ・ラマはついに、四百人の随員を引き連れて中国の地に足を踏み入れることになった。ダライ・ラマはダライ・ラマで、たとえそれが罠であろうとこの企画に乗る決心をした。彼も必死だったのだ。・・・・・
 ダライ・ラマに同行した十四歳のパンチェン・ラマ――チベット第二の精神的政治的支柱――は毛沢東の操り人形であった。
“分離し征服せよ”政策は二人の聖なる存在にその通り適用された。・・・
 ダライ・ラマを北京に誘い出した本当の理由は、“PCART――チベット自治区準備委員会”という秘策によって、チベットを完全な支配下に置く道具に利用することであった。自立、自治などとは真っ赤な嘘であり、チベット人の独立心の抹殺を意図していた。・・・・
 ダライ・ラマは“委員会”を謀略ではないかと疑っていた。しかし毛沢東と個人的に接するうちに彼の誠意と寛大さに魅かれてゆき、少なくともチベットのために何かをしてくれるのではないかと信じるようになった。・・・・

1955年3月、ダライ・ラマは大きな不安を胸に抱きつつ北京を発ち、帰国の途についた。そして彼の儚い期待はすぐに打ち砕かれることになった。
 東チベットの生まれ故郷、アムドに足を踏み入れ、クンブム僧院に近づくにつれ、何かしら不吉な予感がダライ・ラマの心に忍び寄った。何かがおかしかった。東チベットにいったい何が起こっているのだ?
 道中中共の警備員が常時つきまとい、住民との接触を妨げた。それでも人びとの表情から、厳しい弾圧が始まっているのが感じ取られた。
「私が人びとに幸せかと問うと、“はい大変幸せに過ごしています。これも中国共産党と毛主席のおかげです”といいながら彼らの目は涙でいっぱいになるのだった。私に対してさえも共産党の決まり文句でしか答えられないのを知って、深い衝撃を受けた」(『チベットわが祖国――ダライ・ラマ自叙伝』)
続きを読む
posted by 小楠 at 07:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 共産主義の実態