2007年09月12日

中共のチベット侵略3

脅迫下の協定署名

日本のマスコミ特に朝日は、安倍潰しのためには週間新潮で報道されているような、民主党に都合の悪いことはほとんど報道しません。またこのチベットの悲惨な事実も、中国共産党に都合の悪いことは報道しません。これが今の日本のマスコミの姿です。
こんなマスコミが政治を曲げたのが今回の参院選です。公平な情報を国民に隠蔽し、国民に偏った情報だけで判断させようとする卑劣なマスコミに我々の国が振り回されないようにしたいものです。

マイケル・ダナム著「中国はいかにチベットを侵略したか」から、抜粋引用してみます。
この中共の侵略手法をよく把握しておくことは、今の日本にとっても重要なことではないでしょうか。尖閣諸島などでの中国の行動と重ね合わせて、国民が危機感を持っていることも大切でしょう。
写真はリウォチェから南へ移動する中共軍
tibet03.jpg

引用開始
「・・・・ その時はまだ中共軍は町を占領しようとはしていなかったにしろ、デンゴはじめ目障りな存在はすべて、つまりカム全体をその年の冬までに押える積もりだったのです」サイクロンはいった。
 一方、国際メディアにも邪魔をされず、自分たちの東チベットがどうなっているのかとんとご存じないラサ政府をいいことに、中共軍は続々とチベットに侵攻していた。・・・・
 1950年10月、中共軍は東チベットに襲いかかった。
 同時に三方から四万の軍隊が西へ向って進撃した。
 一方サイクロンは、リウォチェ僧院の屋上から中共軍が谷間に雪崩れ込んでくるのを見守っていた。・・・
「本当にびっくりしました。ちょっとした小競合はありましたが、町は直ぐ中共軍に制圧され、最後まで抵抗したチベット兵は捕えられてその場で処刑されました。中共軍はリウォチェには見向きもせず、蝗の大群のように襲来したかと思うと南の方へと去っていったのです」サイクロンはいった。・・・・
 国連は再度チベットからアピールを受け取ったが依然としてその扱いに戸惑っていた。
 ダライ・ラマは国際政治を理解しようとしたが、理屈でどうなるものではなかった。チベットのような無力な国を守ろうとしない国連なんか何のためにあるのだ? 若い君主は国連の奇妙な機構に幻滅を感じた。
「正義の支えとして国連を信頼していたのに、我々の問題がイギリスによって棚上げにされたと聞いた時には驚いた。インド代表の態度にも同様に落胆した。インド代表はこういった。“平和的解決がなされるものと確信している。そしてチベットの独立は守られよう。これを確かとする最良の方法は国連総会でチベット問題を議論しないことだ”これには、誰も我々を武力で助けてはくれないということを知った前回以上の無力感を感じた。今や、友人たちは我々の正義への訴えを代弁しようとさえしてくれないのだ。中共軍の大群の中に置き去りにされたように感じた」(『チベットわが祖国――ダライ・ラマ自叙伝』)・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 共産主義の実態