2007年09月08日

南京攻略特派員特電6

世紀の絵巻、南京入城式

以前に昭和十二年十二月十八日発刊の、「各社特派員決死の筆陣『支那事変戦史』」という本をご紹介しましたが、今回はその後編のご紹介をしています。こちらは昭和十三年十二月七日発行で、前編と同じく約750ページにもなる分厚い本です。昭和十二年十一月の杭州湾敵前上陸から南京戦そして十月末の広東入城ころまでの特電を集めたものです。
写真は入城する海軍軍楽隊
gungaku.jpg

引用開始
【南京にて十二月十七日 朝日 今井特派員】
 嗚呼感激のこの日、同胞一億の唱和も響け、今日南京城頭高く揚がる万歳の轟きは世紀の驚異と歓喜茲に爆発する雄渾壮麗な大入城式である。この軍中支に聖戦の兵を進めて四ヶ月、輝く戦果に敵首都を攻略して全支を制圧し、東亜和平の基礎茲に定まって国民政府楼上に翩翻と翻る大日章旗を眺めては誰か感激の涙なきものがあろうか、荘厳勇壮を極めるこの大入城式を目のあたりに実況を故国に伝える記者の筆も感激と興奮に震える。
 南京は日本晴れ、この日紺碧の空澄み渡って雲一つ浮ばず銃火茲に収まって新戦場に平和の曙光満ち渡る。中山門、光華門、通済門、中華門、和平門、太平門、日の丸の旗波打つこれら輝く各城門から午前早くも光輝燦然たる日章旗を捧持して、南京総攻撃参加の各部隊続々入城、中山門より国民政府に到る三キロのメーンストリート中山路の沿道に堵列の将兵は征衣に積もる戦塵を払って意気軒昂。見渡せば道の北側に上海派遣軍、南側に杭州湾上陸部隊、血と汗に汚れた戦闘帽に輝く両頬は今日この一瞬の歓喜に満ち満ちて日焦した満面が感激に燃えている。午後一時全部隊集結完了した。
 
 畏くも金枝玉葉の御身を以て親しく南京攻略戦に御従軍遊ばされた朝香宮殿下の召された御自動車が中山門に到着した。続く車は杭州湾上陸の○○部隊長、そして中山門に感激の瞳を輝かせつつ下り立ったのは上海戦の労苦を双頬に刻んだ軍司令官松井石根大将である。午後一時半松井大将を先頭に朝香宮殿下を始め奉り○○部隊長、各幕僚は騎乗にて、ここに歴史的大入城式が開始された。
 東方紫の峰を横たえる紫金山の中腹にこの盛典を見守る中山陵、ああ、この日! この時! 新支那建設の父、孫文はその陵下に在って如何なる感慨があるであろうか。恐らくは抗日支那の末路をわが将士とともに哀れんで居るであろう。・・・・・
 此時下関に上陸した支那方面艦隊司令長官長谷川中将は、各幕僚を随えてこれに加わる。午後二時国民政府正門のセンター・ポール高く大日章旗が掲揚された。翩翻と全東洋の風をはらんではたはたと靡く日の丸の美しさ、嚠喨たる海軍軍楽隊の「君が代」が奏でられ始めた。空に囂々たる爆音を響かせて翼を連ねる陸海軍航空隊の大編隊・・・・・
 挙げる祝杯は畏くも将士を労わせ給う恩賜の日本酒立食の大卓に並べられた饗宴は、烏賊、かち栗、昆布の戦捷を祝う品々だ、肝に銘じしみ渡る美酒の味! 再び繰返される聖寿万歳の轟きだ。恐らくはこの一瞬祖国日本に一億の同胞が挙げる万歳もこの歓喜をともにするであろう・・・・
続きを読む
posted by 小楠 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 書棚の中の支那事変