2007年09月06日

南京攻略特派員特電4

無錫全市街掠奪狼藉の跡

以前に昭和十二年十二月十八日発刊の、「各社特派員決死の筆陣『支那事変戦史』」という本をご紹介しましたが、今回からはその後編のご紹介をします。こちらは昭和十三年十二月七日発行で、前編と同じく約750ページにもなる分厚い本です。昭和十二年十一月の杭州湾敵前上陸から南京戦そして十月末の広東入城ころまでの特電を集めたものです。
今回も例の浅海特派員の特電を引用してみます。
写真は上海から無錫、南京への地図
nankinmap.jpg

引用開始
無錫にて十一月二十七日、東日・大毎、
【浅海、光本特派員】

 敵が頑強に抵抗した無錫はついに二十六日正午わが○○部隊の猛攻によって完全に陥落、○○部隊の入城を見た。同日午前八時われ等(浅海、光本両特派員)は無錫東北方一里の東亭鎮のトーチカを破って無錫一番乗りを敢行した野田部隊とともに無錫に入った。
 勇士の鉄兜と軍馬のたてがみを真白にした朝の霜も拭われて午前八時半最後の砲撃を加える。わが軍の気球が蒼空に浮び上った、忽ち砲声は地軸をゆるがしてわが軍は一斉に前進する、常熟、無錫の自動車路は殺到するわが部隊で一杯だ、怒涛の如く無錫東北方よりなだれ込む、街に入るとまだ生々しい敵の遺棄死体が至るところに転がっている、機関銃も自動小銃も手榴弾も街道に放り出されたままだ。街の交差点には全部両側にトーチカが築かれて市街戦に準備したらしいがこのトーチカの中にはどれもこれも敵兵の死体が一杯投げ込まれてある、死体を収容する遑もなく潰走した狼狽ぶりが想像される。

 街は一軒として完全な姿を残していない。わが空軍の爆撃と砲弾に射ち砕かれた上、どの家も支那兵が荒して丁度大震災の跡のようだ、住民は殆ど逃げてしまっている。街の主要街路の家は軒並に敵兵の軍服や銃弾が残っている、平服に着替えて敗走した兵が多いらしい。午前十一時、城内はまだ逃げ遅れた敵が街角で捕らわれている。無錫駅の転轍室には日本語の巧な敵将校が助川部隊に捕われた。○○部隊の専田中佐が取調べると彼は日本の士官学校を出た王張明(二十九)で、彼の語るところでは二十四日まで三万近い軍が蘇州、常熟からここに逃げ込んでいたが何れも常州に落ちのびた。支那軍は毎日逃亡兵が続出している一方負傷兵が多く、どの部隊もその半数以上を占めており、将兵に戦意なく夥しい兵が隊を離れている。無錫には市民の暴動が起りこれに続いて逃げ込んだ支那軍の大掠奪が行われるなど大変な騒ぎだったとのことで、街には最早一物も残さず死の街と化している。
ただ街の辻々には敗走の幹部が四散せんとする兵に伝える「○○部隊兵士の落伍者は常州○○に集れ、給料を渡す」というビラが貼られている。常州に給料の餌で集めているのだろう。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 書棚から真実を