2007年08月30日

洗練された日本精神1

礼に始まり礼に終わる

「誇り高く優雅な国、日本」という本をご紹介します。
著者は1873年グァテマラ市に生まれ1927年パリで亡くなった、エンリケ・ゴメス・カリージョという報道文学者で、父親はスペイン貴族の血筋に誇りを覚える保守的な人物ということです。
 大国ロシアとの戦いに勝って西欧諸国を唖然とさせた日本は、当時ヨーロッパ中の注目の的となっていました
 来日は1905年8月末横浜到着となっており、確かな滞在日数は不明ですが、ほぼ二ヶ月後にはフランスへの帰途についたようです。帰路の旅先から、彼はパリにいる友人のルベン・ダリーオ(ニカラグアの大詩人)にあてた手紙の中で「もしあなたが私の葬式で弔辞を述べるようなことがあったら、私の魂が東洋の芸術家のそれであったということ、そして金色に輝く漆で大和の花や小鳥や娘たちの姿を描きたいと願っていたということを忘れずに人々に伝えてほしい」と書き送っています。
では「洗練された精神」と題する章から引用してみます。
carrillo.jpg

引用開始
 日本人が持つ社会的特性のうちでもっとも一般的な徳が礼儀正しさであることは、偉大な日本研究家でなくとも、またわざわざ観察する必要もないくらいすぐにわかることである。われわれは日本のどこの港であろうと下船するやすぐに、人々の深々としたお辞儀や頭を軽く下げる動作や微笑みを目にすることになるからだ。だれもが微笑み、だれもが平伏している。われわれに何かを教えてくれるときや質問に答えるとき、あるいは何かの説明書をくれるとき、とにかく何のためでも、いつでも、どこでも、日本人はいちいち微笑んでお辞儀をする。さらにこれが対話となれば、一句ごとに雅語を入れねばならないし、一言ごとに頭を下げることとなる。

 日本語には、侮辱語や粗野な言葉がないかわりに、人を誉めそやす言葉は山ほどある。そして彼らは誇りをまるで信仰のように培っている人々でありながら、もっとも謙虚に平伏することを知っている。「日本は微笑みとお辞儀の国であり」とロティは言う、「おびただしい数の行儀作法を有し、それをヨーロッパ人が復活祭のときにすら経験することのない熱心さで行っている」と。これがまさしく、どんなうかつな旅行者でも通りに一歩足を踏みこんだ途端に目にするものである。ましてや民族の魂の中まで入りこみたいと思っている旅行者なら、それがさまざまな形で日本人の生活の隅々にまで行きわたっていることをはっきりと知ることができる。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本A