2007年08月25日

朝日新聞の悪質な捏造

朝日新聞の悪質かつ重大な捏造

 最近の論調は、朝日新聞だけが突出して中国共産党の機関紙の様相を呈してきました。勿論以前から変ってはいませんが、他の新聞各社が少し遠慮ぎみに或は日本の国益の上に立っての報道もある中で、なおさら朝日の反日姿勢が際立ってきたということでしょうか
 慰安婦問題だけに関しても、どれほどの税金が捨てられたでしょうか、しかも、日本と日本人を貶めるために。
 良識ある日本人は、もうこんな下劣な朝日新聞の講読はよしましょう。
 西岡力著の「よくわかる慰安婦問題」から、抜粋しています。

引用開始
 次に慰安婦だったことを最初に名乗り出た金学順さんを取材しようと思ったのだが、金さんは入院していて会うことができなかった。その代わり、韓国に日本のテレビ局などが金学順さんを取材に行ったとき現地の手配や通訳などをしている在日韓国人女性に会うことができた。
 彼女は通訳などを繰返すうちに金学順さんと親しくなり、その結果、軍による強制連行ではなく貧困のためにキーセンとして売られたという身の上を知ることになった。・・・・
 彼女は金学順さんの本当の身の上を知ったあと、記者らがいない一対一の席で、静かに金学順さんに話しかけたという。
「おばあちゃん、キーセンに身売りされたのですよね」
「そうだよ」
「結局、おばあちゃん、なんで出てきたの」
「いや、わしは寂しかったんだ。誰も訪ねてこない。そしてあるとき、テレビを見ていたら、戦時中に徴用で働かされていた人たちが裁判を起こすという場面が出たのさ。それで、わしも関係があるかなと思って電話をした」

 91年8月、金学順さんが元慰安婦として初めて名乗り出たのだが、そのとき、朝日新聞は先に見たとおり、「初めて慰安婦名乗り出る」と大きく報じた。これは韓国の新聞よりも早く、世界的なスクープだった。この記事を書いたのが、遺族会幹部を義理の母とする植村隆記者だった。名乗り出たところの関係者が義母だったわけで、義理の母親が義理の息子に便宜をはかったということだった。・・・・
 ここには、金学順さんが貧乏のためキーセンに身売りしていたという問題の本質に関わる重大な事実関係が書かれていない。・・・
 朝日新聞は同年12月25日付けで、植村隆記者が金学順さんから詳しい話を聞いたとして、「日本政府を相手に提訴した元従軍慰安婦・金学順さん 返らぬ青春恨の半生」と題する大きな記事を載せた。・・・
ここにも、キーセン身売りが書かれていない。
 調べていくと、植村記者が「初めて元慰安婦名乗り出る」という8月のスクープ記事を朝日に書いた数日後の8月14日、金学順さんは韓国の新聞記者を前に記者会見していた。その記事を韓国紙で探すと、韓国の新聞の中で最も左派系の「ハンギョレ新聞」にも金学順さんの記事が出ていた。
「生活が苦しくなった母親によって14歳のときに平壌にあるキーセンの検番に売られていった。三年間の検番生活を終えた金さんが初めての就職だと思って、検番の義父に連れられていった所が、華北の日本軍300名余りがいる部隊だった。私は40円で売られて、キーセンの修行を何年かして、その後、日本の軍隊のあるところに行きました」(ハンギョレ新聞1991年8月15日)

続きを読む
posted by 小楠 at 07:32| Comment(9) | TrackBack(0) | 反日マスコミ