2007年08月23日

ベルツの日記14

対馬沖海戦(日本海海戦):明治38年

 ドイツ人医師エルヴィン・ベルツは、官立東京医学校に生理学兼内科医学教師として、明治9(1876)年6月、27歳の時に来日しました。彼の日記が「ベルツの日記」として出版されています。その中から
日露戦中の日記を引用してみます。(最終回)
写真は降伏したニコライ一世を点検する日本軍係官(日露戦争古写真帖より)
balz14.jpg

引用開始
5月5日(東京)
 日本の新聞が、フランスの中立違反振りに興奮しているのも無理はない。ロゼストウェンスキーはインドシナの諸港を利用し、しかも外国の船舶までそこからの出港を差止めている有様だ! 
 典型的なのは、この危機に当って、『タイムス』その他の英紙のそらぞらしい態度だ――すなわちいわく「フランスがいかにデリケートな立場にあるかを、日本も顧慮すべきである!」と。得手勝手な話だ!
 フランスの態度により、日本の立場は極度に脅かされているのだ。ロシア艦隊としては、フランスの港に逃げこんでじっとしていることによってのみ、国外にありながら、日本軍の攻撃をうける危険を、一時は免れ得るわけである。しかも、事が死活に関する重大問題であるというこの場合、日本に感傷的な顧慮をせよと称するのだ。フランスは公然とその同盟国を助けているが、イギリスはきこえぬ風をしている。だが日本としては、それがどんなに辛くとも、平気な顔をしておらねばならない。なにしろ、やがて再び金が要ることはわかっているのだから、英人の機嫌を損じてはならないのだ。

5月10日(東京)
 東京在留の全外国人は大騒ぎだ。かつて永年にわたり東京のフランス公使館付武官を務め、今はフランスの大会社の代理店をやっている退役陸軍大尉ブーグァンが、義理の息子F・ストランジと共に、ロシアのスパイとして逮捕されたのである。・・・ブーグァンのように世間で知られ、ことに以前は日本の武官のあいだで非常に人気のあった男に対して、こんな手段をとる以上、政府は極めて確実な証拠を握っているに相違ない。・・・しかも、かれには財産がなく、収入はまことに微々たる有様であったから、家族の将来に見透しがつかなかったのだ。こうして、かれは誘惑に敗れ、危険と知りつつ破滅の一歩を踏み出したのであった。・・・

5月27日(東京)
 ロシア艦隊に関して、奇怪きわまる消息が伝えられている。あるいは、まだインドシナの領海内にとどまっているとか、あるいはまた、フィリピンの近海に居るとか。なおまた、戦艦五隻と輸送船三隻は上海に向って航行中であり、戦艦二隻は上海よりさらに北方へ進航しているとの噂もある。
午後――
 号外――ロシア艦隊は対馬の近海に現れ、海戦が行われていると。今し方、自分のところに居ったグリスコング米国公使の話しによると、この報道が真実である旨の情報を、公使はうけていると。
 こうしておそらく、自分が今これを書いている最中に、世界歴史の重要な一ページが決定されているのだ。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 外国人の見た日本B