2007年08月18日

ベルツの日記10

宣戦布告:明治37年

 ドイツ人医師エルヴィン・ベルツは、官立東京医学校に生理学兼内科医学教師として、明治9(1876)年6月、27歳の時に来日しました。彼の日記が「ベルツの日記」として出版されています。その中から
日露開戦時の日記を引用してみます。
写真は旅順港閉塞報告丸乗組員前列右から三人目が広瀬武夫少佐(日露戦争古写真帖より)
balz10.jpg

引用開始
2月11日(東京)
宣戦布告――今日は「紀元節」といって、2564年(!)の昔、日本最初の君主、神武天皇が即位した日であるとか。この日を利用して天皇は、対露宣戦を布告した。それは中庸を得た布告文で、どこでも好印象をもって迎えられることだろう。
 旅順沖の大海戦はまだ相変わらず、公式に確認されていない。
午後――
 今なお東郷提督の公報が出ない。非常な憂色がみなぎり始めた。
幸いにして――パリ経由で――アレキシェフ(総督)のペテルブルグ宛の報告が伝わってきた。それによると、日本軍の勝利は、昨夕伝えられたほど圧倒的ではないが、それでも極めて著しいものがある。
 旅順沖の第一戦で戦艦二隻、巡洋艦一隻が甚大な損害をこうむったことは、アレキシェフ自身も認めている。「然れども、これら諸艦はなお水面上にあり」と称するのだ。アレキシェフの第二報によれば、二日目(すなわち九日)戦艦一隻、巡洋艦三隻が水線部に損傷を受け、従って戦闘力を失った由で、しかもこれは、ロシアが極東にドックをもたぬため、決して一時的のものとはいえない。だがしかし、アレキシェフの報告は、日本側になんらかの損害を与えることができたとは、一言も述べていない。
夜――
 ようやくにして東郷提督の報告があった。それははなはだしく控え目のものである。事実その報告によれば、日本側の戦果を、ロシア側の自認しているよりも僅少に推定することすら、あえて不可能ではないくらいだ。
 九日の夜から十日にかけて、大暴風雨があった結果、東郷は自軍の艦艇と、ボートによる連絡がとれなかったらしい。とにかく、今までに露艦九隻が戦闘不能となったのに反し、日本側では著しい損害をこうむったものは、一隻もないことだけは確実だ。・・・・

2月16日(東京)
 戦争の第一報――もっともそれは、誇張されてはいたが――によってヨーロッパのうけた深い感動が、だんだんと判って来た。今度という今度は、さすがのドイツも、無敵ロシアのもろさ加減が、こうも暴露されたのを見ては、いよいよ目を覚まさざるを得ないだろう。なかんずくこれは、あからさまに日本人を軽侮し、一途にロシアを賛美してはばからなかった、東洋におけるわが海軍と役人連中によい薬だ。おそらく今ごろ、かれらの中の若干の者は、昨年の夏、自分と語ったときの話を思い出していることだろう。
 あのとき自分は、日本の方からロシアを攻撃するが、しかもその際、十分勝算があるとの意見を述べたところ、素気なく笑殺された。そして、さすがに日本人を観る点にかけては、かれらの中の誰よりも勝れていると賞められるどころか、反対に、盲目的な日本びいきとして、ヨーロッパ式に物事を量る尺度をなくしてしまったのだといわれた。だが、こんな非難は、友人や親戚の者からもうけて、もう慣れっこになっている。そしてこれは、自己が世の中で観たり覚えたりしたことを、祖国のために役立てようとすれば、誰でもつねにうける非難なのだ。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B