2007年08月16日

ベルツの日記8

日露戦争前年:明治36年

 ドイツ人医師エルヴィン・ベルツは、官立東京医学校に生理学兼内科医学教師として、明治9(1876)年6月、27歳の時に来日しました。彼の日記が「ベルツの日記」として出版されています。その中から
日露戦争前年の日記を引用してみます。
写真中央はクロパトキン将軍、右が寺内正毅陸軍大臣(日露戦争古写真帖より)
balz8.jpg

引用開始
9月15日(東京)
 二ヶ月この方、日本とロシアの間は、満洲と韓国が原因で、風雲険悪を告げている。新聞紙や政論家の主張に任せていたら、日本はとくの昔に宣戦を布告せざるを得なかったはずだ。だが幸い、政府は傑出した桂内閣の下にあってすこぶる冷静である。政府は、日本が海陸共に勝った場合ですら、得るところはほとんど失うところに等しいことを見抜いているようだ。・・・・

10月20日(宮ノ下)
 外交上は相変らず何の決着もない。・・・だがしかし、もし日本が本当に韓国を占有する意志なのであれば、行動に出るのは今だ。ロシアが永住的に満洲に腰をすえるのを黙って見ておれば、韓国も失ってしまうだろう。こんなことは日本の誰にも判っているのだ。だから、何のために依然として談判を続けているのか、全く不可解である。一日一日がロシアにとっては有利、日本には不利となるのだ。・・・

12月14日(東京)
 ローゼン男(爵)は困難な時局に当面している。・・・男は非常に親日的と見られており、事実またその通りである。だがその男も、今ではやはり日本の主張に腹を立てて、英国が同盟の力を認めることにより日本人の頭を狂わしたものと称している。「われわれは徹頭徹尾平和的で、決して侵略的ではない」と男はいった。そこで自分は一言さしはさましてもらったのである。――とにかくロシアは、他国の眼にはすこぶる侵略的に感じられる、満洲占領は日本人から大いに侵略的な行動と見られていると。すると男は沈黙し、ただ肩をすくめるばかりで、何だか口の中でつぶやいた。

12月21日(東京)
 政治的に一向からっとしない空模様である。戦争はますます不可避だ。ロシアは日本をなめてかかっている。戦備は整えるし、韓国と清国では勝手気ままのし放題という有様で、しかも一方ヨーロッパには、極めて平和的な報道をばらまいているのだ。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B