2007年08月11日

ベルツの日記6

暑中お見舞い申し上げます。
明日より14日まで休載させて頂きます。

ウタの死を知らせる手紙:明治29年

 ドイツ人医師エルヴィン・ベルツは、官立東京医学校に生理学兼内科医学教師として、明治9(1876)年6月、27歳の時に来日しました。彼の日記が「ベルツの日記」として出版されています。その中から今回は最愛の幼い娘を亡くした時の手紙を引用してみます。
写真はベルツ(Wikipediaより)
balz6.jpg

引用開始
2月28日:東京永田町2丁目
 懐かしい皆さん!
 久しくお便りをしませんでしたところ、いま、悲しい知らせでこの手紙を始めねばならない次第です。
 かわいいウタがなくなりました。
 一昨日の朝、食事の時、まだウタは、生れつきの愛嬌を一杯にふりまいて、わたしの側にすわっていました。お昼に、わたしが大学から帰ると、ハナ(妻)は、子供がかぜをひいたようだと申しました。夜になって、重い腹膜炎を起こしたのですが、この病気は大抵は命取りになるのが常です。そして、今から数時間前に、ウタの明るく澄んだ眼は閉じられてしまいました―永遠に。
 子供が病気になった、ちょうどその日、ハナは『少女の祭り』への招待状を書くのにかかっていましたが、この祭りというのは、母上の誕生日である『三月の三日』に、この日本では毎年お祝いされるのです。しかも今回は、ウタも満三歳になる年にあたりますので、特に盛大に祝うことになっていました。初めてウタに洋装させるつもりで、かわいい服がすっかり取りそろえてありました。
 ところが今、わたしたちのするのはそのお祝いではなく、あの子の―お葬いです。


 このような花盛りの美しい子供を、急に失うということは、恐ろしい打撃です。何しろ、誰ともかけ離れて、ウタは、今までに見た子供の中でも、全く特別な存在でした。あの子は母親から、その気質の内面的な快活さと、同時にまた―子供ながらもある程度は認められるのですが―その堅固な性格と不屈の意志を受け継いでいました。特殊の魅力をもつ、あの子のとても大きい利口な眼には、誰もが驚嘆していました。そして、わたし自身がしばしば不思議に思ったのは、知合いの家庭のもう大人に近い令嬢たちが、ウタにまるで夢中だったことです。わたしがこの不審を口に出していうと、いつも与えられるおきまりの返答がこうです――
あの子は他の子供たちとは違いますと。
 トクは、臨終の時、妹の傍にひざまずき、涙にむせぶ声で絶えず祈り続けました「お助け下さい、どうか妹をお助け下さい」と。わたしはトクを、室外へ遠ざけねばなりませんでした、トク自身が病気になる心配があったからです。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B