2007年08月06日

ベルツの日記1

東京・加賀屋敷にて
 ドイツ人医師エルヴィン・ベルツは、官立東京医学校に生理学兼内科医学教師として、明治9(1876)年6月、27歳の時に来日しました。彼の日記が「ベルツの日記」として出版されています。その中から当時の日本と日本人の姿を引用してご紹介します。
写真は大名屋敷の門の一例(B・ジャポンより)
balz1.jpg

引用開始
(明治9年)6月26日
 今日、きめられた家へ引越しましたが、さしあたり前任者ヒルゲンドルフ博士の客分としてこの家へ迎えられたのです。この住居はいわゆる『加賀屋敷』、すなわち旧加賀候の邸宅である大学の構内にあります。・・・ 将来わが家となるこの家は坂の上にあって、そのすその大きい『不忍』池には無数のハスの花と、かわいい朱のお宮があります。向うの丘の眺めもすばらしく、そこは古い美しい『上野』公園で、今をさる僅か8年(!)前に維新の役の決戦が行われたところです。
 この家の庭は、老樹の木立があって非常に美しいので、これを自分の趣味どおりにしつらえることのできる日を、今から楽しみにして待っています。・・・
 着いてから五日で、すぐ生理学の講義を始めましたが、学生たちの素質はすこぶる良いようです。講義はドイツ語でやりますが、学生自身はよくドイツ語がわかるので、通訳は実際のところ単に助手の役目をするだけです。・・・
 日本のドイツ医学は一種の伝統をもっていたのです。既に17世紀には、ドイツの探検家で医師の、ケンプフェルが、オランダの役人としてではありましたが、来朝しています。しかもかれの活動は、当時の非常に困難な事情にもかかわらず、ある程度の注目をひきました。それから50年前には、同じくオランダ人として(それ以外には入国の可能性がなかったので)ヴュルッブルクの医師フォン・シーボルトが来朝し、多数の門弟を出しましたが、そのうち若干のものは、自己の知識欲のため死罪にすら処せられねばならなかったほどです。・・・

11月7日(東京)
 今日、ミットフォード著『古い日本の物語』を読んだ。日本の事情に関する見解が、この本では、日ごろ在留ヨーロッパ人の口からよく聞くのよりも正しいこと、ことに女性にたいする見方が妥当であることを知って満足に思った。
 同時にまた、その中で語られている伝説と歴史上の出来事は個人的の勇気、極めて幼い時からの勇敢さを表明しており、われわれを心から驚嘆させるばかりである。志操の高潔な点も物語のすべてを通じて現れており、しかもそれが極めて純潔で堅固であるため、まるで美しい中世紀を眼前にみるような気がするのである。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B