2007年08月01日

フランス青年の明治6

明治、横浜にて
『ボンジュール・ジャポン』フランス青年が活写した1882年という本からご紹介します。
著者のウーグ・クラフトは明治十五年に日本を訪れ、彼が「見たままを写した」写真と「感じたままを書いた」紀行文とをまとめものがこの本です。
著者はシャンパーニュ地方のランスで、シャンパン財閥の長男として生まれ、少年期、青年期にかけて、パリ万国博覧会が二回(1867と1878年)、ウィーン万国博覧会(1873年)も開かれ、ヨーロッパのジャポニスムに大きく刺激を受けたようだとのことです。
写真は当時の横浜、弁天通り(?)の松飾り
krafft14.jpg

引用開始
 私たちの住んでいる別荘からは、一年の半分以上雪に覆われた、頂が砂糖の塊に似た富士山や海、山手の坂の素晴らしい景色が見える。一階には食堂と大きなサロンが、二階には寝室がある。ヨーロッパ式の住居の作りと同じで、小さな別棟には、台所と使用人の部屋がある。スタッフはウィ
ル、イトー、ボーイ一人と料理人の四人だ。・・・・・
 この日紹介してもらった数人に、秋の競馬で出会った。先おとといやっと終わったが、この競馬は三日間続き、その間はまさにお祭りだ。香港や上海でもそうだったが、皆にとって競馬はホリデーで、この間、銀行も会社も店も、馬場に行くか、郊外で休日を過ごして息抜きするために休業する。日常的な流れはすべて中断され、現地の人たちも多かれ少なかれ、お祭りの明るい気分を楽しんでいる。
 すでに何週間も前からコースは馬主や調教師の集会場になっており、選抜の名目で走らせている。彼らの馬は、中国のポニーか日本のポニー、または掛け合わせたポニーで、居留者はみな大会のずっと前からずっと後まで、どの馬が勝とうが負けようが、競馬に夢中になる。馬場は私たちの借家から車で十五分のところの山手にある。・・・・

 この日に座を沸かせたのは、朝鮮の使節団だった。・・・・
 公式のレセプションからレセプションへと出席し、新しいものを見る機会に恵まれて非常に喜んでいるようだ。使節団は、愉快で天真爛漫だが、やや粗野な八人だ。競馬には通訳に連れられて羊のようにゆっくりとやってきて、人々のいるスタンドの真ん中にぎこちなく固まっていた。彼らの着ている緑、紫、白や青の服は、あまり清潔とはいえず、針金の大きな被り物(サラダの水切り籠か携帯用食器籠のような形)は、皆の視線を集めていたが、そんなことには一向にお構いなしのようだ。競馬には非常に関心が高く、乗馬への情熱を呼び覚ましたようだ。こらえ切れなくなって、彼らのうちの一人がミカドに走る許可を請うた。
続きを読む
posted by 小楠 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人の見た日本B